【アメリカ】コロラド

【コロラド・ベイル】パウダースノーのゲレンデでのスキー体験記

この記事は約21分で読めます。

この冬コロラド・ベイル(ヴェール/Vail)へスキーに行ってきた私たち夫婦。

【コロラド・ベイル】スキーリゾート「グランドハイアット・ベイル」宿泊記
アメリカでも有名なコロラド州にあるスキーリゾート「ベイル(ヴェイル/Vail)」に行って来ました。 ビーバー・クリーク (Beaver Creek)とどっちにしようか迷ったのですが、ベイルの方がレストランやショッピングに向いてるかも!...

 

夫がスキーがしたくてウズウズしていたため、コロナ禍に細心の注意を払って行ってきたわけですが、

 

「ベイルのスキー場最高!!また行きたい!!」

 

と大満足の夫。

 

残念ながらスキー超初心者な私はスキー場の良し悪しは全く分からないので、今回のスキー場のレビューは夫(アメリカ人・スキーは10年ぶり・日本語は片言)に書いてもらうことにしました。

最初は私が和訳したものだけ紹介しようと思ったのですが、せっかく熱く語ってもらったので英文も残すことにしました。

簡単に(ほんとに簡単)日本語訳つけてますので参考にして頂けましたら幸いです。

 

では夫の自己紹介から(↓)

Hello everyone. I’m the husband. My wife has told me I have to take this very seriously. Completely stern and without any fun whatsoever. Like tax documents. So, I’m going to admit that I love her very much and totally do my own thing. Maybe I’ll get away with it.

(↑あえて和訳しません(笑))

To let everyone know upfront, skiing is a significant undertaking. It’s a relatively expensive activity. Excluding the hotel, you have to worry about special clothing, lift tickets, ski equipment, and expensive food on the mountain. Then there’s the mountain itself, with the various trees, rocks, and other obstacles, not to mention altitude sickness. Then there’s the cold, well below freezing for the entire trip. I was exhausted (and sometimes bleeding) by the end of the day, numb from the freezing temperature, gasping for oxygen in the thin air, and every muscle in my entire body was screaming for relief. And I loved every minute of it.

「スキーはお金のかかるアクティビティーですよね。スキー用のウェアやリフトチケット、スキー用品を揃える必要があるし、山の上での食事も高いです。そしてスキーしてると色んな木や岩なんかの障害物もあるし、高山病になる可能性だってあるし、寒いし、1日スキーした後なんて寒さで指の感覚なくなったりするし、疲労感がハンパないけど、それでもベイルでのスキーはすっごく楽しかったです。」

↑みたいなことを言ってます。

 

ベイル(Vail)基本情報

Vail Ski Resort officially lists as the 4th largest in America, with 39 different chair lifts and about 21 KMs of skiable area. It’s easily reachable by the nearby Eagle County Airport and has plenty of hotels within walking distance of the main lifts. While there are plenty of ski areas in America, many of them don’t have a ‘resort-style’ atmosphere that Vail offers. This is extremely important as you or someone in your party may be less interested in skiing, and more interested in the evening hours after countless viewings of the unforgettable classic ‘Hot Tub Time Machine.’

ベイル・スキーリゾートはアメリカで4番目に大きく、39ものスキーリフトがあり、スキーができる範囲は21平方キロメートルにも及ぶそうです。

最寄りのイーグル空港から車で約30分と近く、ベイルまで徒歩圏内のリゾートホテルがたくさんあります。

アメリカにはたくさんのスキー場がありますが、ベイルにはスキーだけでなく高級ホテル、色んなショップ、レストランが立ち並び、歩いているだけで楽しいリゾートとなっているのが魅力的です。

 

ベイルのスロープについて

Admittingly, I was most interested in skiing, and Vail did not disappoint. Vail Resort includes nearly 200 runs and over my two days; if you want to be able to hit everything, plan on at least four days. Skiing does take a certain level of fitness, but it is a lot of fun. Beginners will likely stick to the easy “Green” trails, which are usually relatively flat with groomed snow. Once you get more comfortable, you might give the “Blue” trails a go, keeping in mind they’re a little faster and require more turns. A “Black Diamond” can range from difficult to outright dangerous, so be careful. I took a wrong turn on my first day and ended up on a “Double Black Diamond” (Experts Only); it ‘only’ took an exhausting hour to safely come down the mountain!

 

ベイルには200ものコースがあり、2日間ではとてもじゃないけど全てを滑りきれません。最低でも4日くらいはあった方がいいと思います。

スキー初心者さんは整備された比較的平坦なグリーントレールから慣らして、ちょっと斜面になるブルートトレールに進み、自信がついたら上級者向けのブラック・ダイアモンドに是非挑戦を。

*私の夫はスキーは10年ぶりだったので1日目は慣らすだけのつもりだったのに、うっかり上級者向けブラック・ダイアモンドに行ってしまってかなり焦ったそうです。

(私、一緒について行かなくて良かった・・・)

 

ちなみに心配な人は1日基礎を習うクラスを受講するのもありです。

スキーのノウハウを学ぶと同時にスロープのガイドもしてくれるので、私の夫のように間違ってうっかり上級者向けコースに入ってしまうこともないと思います(笑)

 

 

私たちが準備したもの

Most skiers will tell you dressing for success is important. Both my mornings in Vail were greeted with a fair amount of snow, and the temperature stayed well below freezing all day, with some moderate winds on top of the mountain. So, don’t skimp on clothing and make sure you layer up: double-gloves, full face-coverings, full goggles, and make sure your outer pants and jackets are all waterproof. While there are stores in Vail you may rent clothing at, they’re extremely pricey. If you’re staying for more than a couple of days, it’s probably cheaper to buy your own ski jacket. Renting skis is still cheaper than buying.

 

雪山では常に氷点下な上に風も強いので、しっかりした防寒対策が必要です。

レンタルもできますが、高いので最低限のものは自分で用意することをおすすめします。

以下が私たちが持参したもの。

  • スキージャケット(防水)
  • スキーパンツ(防水)
  • ゴーグル
  • 手袋
  • フル・フェイスマスク

 

 ベイル・スキーリフト

I mentioned earlier that there are 39 lifts in Vail, but very few exist at the bottom. Gondola One, Eagle Bahn 19, and Riva Bahn 6 are the three primary ways from the bottom to mid-mountain. Vail can be a very busy place, especially during weekends and holidays and the queues for those lower lifts can look a lot like Space Mountain during Golden Week.

There’s a lot of hotels in the downtown Vail area, and locals can park at the parking garage downtown, then walk to a lift.

先にも述べた通りベイルには39ものスキーリフトがありますが、ゲレンデの一番下には数カ所しかありません。
*詳しくはマップをご覧ください。

「Gondola One」「Eagle Bahn 19」「Riva Bahn 6」の3つが街から山の上の方まで行ける乗り場なのですが、「Gondola One」は写真の通り非常に混んでいて、ゴールデンウィーク中のディズニーランドのアトラクション待ち並みに並びます。

ベイルの街にはホテルがたくさんある上に、地元の人もダウンタウン付近に駐車してこのゴンドラを使うので混むんだと思います。

 

During my time where I made a mistake and skied too far towards town, I waited in line for over 30 minutes at Gondola One to get back on top of the mountain. Once you’re on top, I suggest remaining on the mountain and never going farther than the mid-level lifts; stop halfway down the mountain, and take those lifts back up. Assume you’ll be eating on top of the mountain, so bring cash and snacks (more on that below).

 

私の夫はうっかりここまで降りてきてしまい、再度山の上まで行くのに30分も待つ羽目になったので、1日の終わりまで一番下まで降りない方がいいそうです。

一旦上まで行ったら最上層と真ん中くらいの層を上ったり降りたりするのがおすすめ。

リフトで何十分も待つ時間を省くため、食事休憩もベイル・ビレッジでレストランに行くよりも、山の上がオススメでの食事がオススメです(キャッシュやスナックを忘れずに)。

 

We were lucky, in that my wife chose the Grand Hyatt, which gave us a very convenient lift next to our hotel. In the morning, there was no line at Cascade Village Lift 20, which I would take and connect to Pride Express 26 to get to Eagle’s Nest.

 

ちなみに私たちの宿泊した「グランドハイアット・ベイル」の真横にあるスキーリフト「Cascade Village Lift 20」は待ち時間もなくてとても便利でした。

ここから「Pride Express 26」を経て 「 Eagle’s Nest」まで行けます。

 

【コロラド・ベイル】スキーリゾート「グランドハイアット・ベイル」宿泊記
アメリカでも有名なコロラド州にあるスキーリゾート「ベイル(ヴェイル/Vail)」に行って来ました。 ビーバー・クリーク (Beaver Creek)とどっちにしようか迷ったのですが、ベイルの方がレストランやショッピングに向いてるかも!...

 

スキー場でのランチ

レストラン

There are eateries on top of the mountain, everything from sandwiches to barbeque. Just remember a few things:
1) It’s all casual food, meaning American-food and mostly counter-service.
2) It’s nearly all outside. There’s probably plenty of picnic tables, available, but you may need to clear the snow from your table.
3) The prices are insane. Like Universal Studios added a 40% surcharge. A BBQ Plate is up to $27.00.

 

山の上にもレストランはあります。

ただし

  1. 軽食しかなく、しかもサンドイッチとかバーベキューなどカウンターサービスのアメリカンなものしかない。(当然ながらうどんやおにぎりはない)
  2. ほぼ外にしか席がない。外にピクニックテーブルはあるけど雪が積もってる可能性あり。
  3. 値段があり得ないほど高い。

 

こちらのバーベキュープレートは高いものだと27ドルします。

一番安いスープが12.50ドル。

 

 

こちらはめっちゃボケてますが、サンドイッチ屋さん。

ここではチキンサンドイッチ($16)、ポテトチップス(サンドイッチについてきたかも)、スポーツドリンク(値段覚えてない)を購入。

Is it worth paying that much? That’s an excellent question.  Skiing down and riding back up the mountain will likely cost you at least an hour if not more. Packing a bento is difficult because it’s heavy, there’s nowhere to store it, and your food may be frozen when you get to it. Snacks are fine, but when it comes down to it, a warm, freshly-made $16 dollar sandwich is pretty damn good when you’ve been in freezing weather for a few hours.

普段ならこんなサンドイッチに16ドルもかけないけど、下山してまた上まで登ってくるのに少なくとも1時間はかかるし、お弁当を持ってくるのも重いし置いておくとこもないから不可。

ということで何時間も氷点下の雪山でスキーした後のこの安っぽいチキンサンドは16ドルの価値アリなのです。

 

Also, don’t skimp on breakfast. Think pancakes, waffles, sausage, bacon, honey, toast, and the like. Eat like you’re about to enter a blizzard because you just might just be entering a blizzard. The scientists stationed at Antarctica sometimes go for THIRDS during their meals because they’re burning extra calories in the cold.

ちなみに朝食を抜くのはやめときましょう。

ワッフル、ソーセージ、ベーコン、はちみつ、トーストなんかの高カロリーなものを食べて猛吹雪に突入する覚悟で臨みましょう。

南極大陸に常駐する科学者たちは、寒さでやたらとカロリーを消費するためすごく食べるそうです。

 

おすすめスナック

うちの夫が実際にスキーに持って行ったスナックをご紹介します。

 


Honey Stinger Organic Waffles

Honey Stinger Waffles are lightweight, easy to carry, and come in a variety of flavors. I prefer the honey and the cinnamon, but they also offer chocolate, vanilla and strawberry. It’s a good, quick 150 calorie boost that tastes pretty good.

こちらはワッフル型のクッキー。軽くて持ち運びしやすいです。

150カロリー程度で味もおいしいからと夫のお気に入り。

(ただ山の上に持って行ったらカッチカチに凍ってたそうですが(笑))

 


CLIF SHOT – Energy Gels

Clif Shot is a running gel, meaning it’s a gel inside of a small tube meant for literally eating while running. Much like the applesauce squeeze tubes, it’s meant for quickly scarfing down with as little time needed as possible, no chewing necessary. They come in a variety of flavors, although watch out for the caffeine content (some are more than a cup of coffee). Admitting, it’s a little weird and the taste is something you might not be prepared for, but if you’re looking at packing as much food as you can in a small space, it works.

こちらはランニング・ジェル。日本で言う食べるゼリーみたいな感じでしょうか。

夫はランニング中に飲んでますが、スキーでも活躍したそうです。

コーヒー並みにカフェイン含有量が多いのであんまり摂取しない方がいいですが、小さくて場所もとらないのでスキーには最適。(ただし味は微妙)

 

 


MET-Rx Big 100 Colossal Meal Replacement Protein Bar

Met Rx is a protein-rich, calorie-rich, somewhat sweet meal-replacement bar meant for people in athletic activities. Now, before anything else, you should not be replacing full meals while on vacation skiing, but we all too often suffer from the ‘Is it dinner time yet?” problem. You might need calories and protein. Met Rx contains 32 grams of protein and a bunch of vitamins. I need to mention it also has a ton of sugar (about 20 grams, depending on the flavor), but if you’re skiing, you’ll need it. If you had lunch at noon, but you’re still hungry at 2pm and don’t want to come down the mountain quite yet, it’s not cheesecake, but it’s pretty good.

こちらはがっつりプロテインを欲しているときにおすすめ。

砂糖がたっぷりなのでスキーの途中で燃料切れになっているときにぴったりです。

(ただしこれも山の上で食べる時カッチカチに凍ってたそうなので、午前中に食べた方がいいかも・・・)

 

コロラド・ベイル おすすめスポット

During my second day, I found a fun beginner/intermediate spot called Game Creek Bowl, serviced by Game Creek Express Lift 7. It’s one of the back bowls accessible from Eagle’s Nest on top of the mountain. The location has some very accessible green runs, blue runs, and some easier (but not easy) diamonds, all serviced by a lift stationed only at that location. It was a fantastic little place that occupied my entire second morning and where I was able to do my first Glade Skiing.

夫が2日目に発見した初心者・中級者向けのスポット「Game Creek Bowl」がおすすめのようです。「Game Creek Express Lift 7」というゴンドラのステーションに位置し、山頂にある「 Eagle’s Nest」から行けます。

Back Bowlsのひとつで、マップにて確認してみてください。左上の部分です。

 

 

Glade Skiing is essentially skiing in-between the trees, difficult and easier to get injured. A lot of ski resorts don’t allow it for various reasons, but it was open and available in this section of Vail. It’s hard, and my ankles are hurting right now just thinking about it.

この木と木の間を滑ることを「グレード・スキー」と言うらしいのですが、これが難しくて超楽しいんだそうです。

危険だから禁止しているスキー場が多いらしいのですが、ベイルのこのエリアだけはオープンで、がっつり楽しんだ夫。

At the end of it, my legs hurt, my knees were sore, my jacket and helmet were both full of snow, and my headache had been on for two days due to the altitude. Every muscle and fiber of my being was in some sort of pain, most (although not all) mild. And I loved every minute of it. In this world of commuting, office-work, and remote-meetings, it’s nice to feel alive out there. The cold, the speed, and a small amount of danger all added up to some excellent exhilaration. Can’t wait to do it again next year.

ここで遊びすぎて足も膝も痛くなり、ヘルメットもジャケットも雪まみれになり、軽い高山病で頭痛まで発症したそうですが、日々の通勤と仕事とミーティングで疲れた脳にはこのスリル満点なスキーは爽快感で最高だったようです。

 

 

コロラド・ベイルでのスキーまとめ

私の夫はコロラドの別のスキーリゾートや日本でもスキーしたことがあるのですが、ベイルは飛び抜けて最高だったそうです。スキー以外にもレストランやショッピングもできるので、スキーにはそれほど興味ない人(←私)でも楽しめると思います。

 

ホテル代、レンタル代、スキーリフト代とかなりお金がかかるので毎年は無理かもしれませんが、また行きたいです。(夫はまた来年行きたいらしい。。。)

【コロラド・ベイル】スキーリゾート「グランドハイアット・ベイル」宿泊記
アメリカでも有名なコロラド州にあるスキーリゾート「ベイル(ヴェイル/Vail)」に行って来ました。 ビーバー・クリーク (Beaver Creek)とどっちにしようか迷ったのですが、ベイルの方がレストランやショッピングに向いてるかも!...