【フレンチ・クウォーター食事編】ニューオーリンズ の人気観光地で名物料理を食べてきた

この記事は約11分で読めます。

ニューオーリンズに行くことを決定したとき、私たち夫婦が一番楽しみにしていたのは食べ物でした。

ジャンバラヤ、ガンボ、クレオール料理やベニエと呼ばれるドーナツなど、ニューオーリンズ には名物料理がたくさんあるので迷うほど。

 

特にフレンチ クオーター(French Quarter)は徒歩圏内にたくさんのレストランやバーがあり、今回は私たち夫婦が実際に行ったレストランをご紹介します。

 

 

その他ニューオーリンズ旅行の様子はこちらの記事を参考にしてみてください。

【ニューオーリンズ ホテル宿泊記】インターコンチネンタル・ニューオーリンズ

【フレンチ・クウォーター観光編】ニューオーリンズ の中心地を歩きまくる。

【沼地(スワンプ)ツアー】ルイジアナで赤ちゃんワニを抱っこできる沼地ツアーに参加してきた

【第二次世界大戦ミュージアム(The National WWII Museum)】in ニューオーリンズ

 

 

スポンサーリンク

CAFE DU MONTE (カフェ デュ モンド)

こちらは1862年にフレンチ・クオーターのディケイター通りにオープンした老舗カフェ、「CAFE DU MONTE (カフェ デュ モンド)」。

 

ベニエ(beignet)と呼ばれる粉砂糖をかけた角型のドーナツと、チコリ入りのフレンチ・ロースト・コーヒー、カフェオレが看板メニューです。

2019年9月現在はニューオーリンズ市とその近隣にカフェ9店舗とギフトショップ4店舗が営業中ですが、私たちはとりあえず本店に行ってみました。

 

CAFE DU MONTE (カフェ デュ モンド)本店
住所800 Decatur St, New Orleans, LA 70116
ホームページhttp://www.cafedumonde.com
営業時間24時間営業
*定休日:クリスマス
*ハリケーン接近時は休業
マップ

 

 

この本店は観光客にかなり人気で、午後はずっと行列ができていました。

(午前9時くらいから混み出すようです)

 

私たちはテイクアウトでいいや、と思ってもこちらも長蛇の列・・・。

待つのが嫌いな私たち夫婦。ここでドーナツを食すことは諦めてミシシッピ川沿いにあるアウトレットモールの中にある店舗に行ってみることに。

 

ということで歩いてやってきました、「アウトレット・モール」。

カフェ デュ モンド本店からは徒歩20分ほどかかりますが、フレンチクウォーターやミシシッピ川を観光しながら歩くとそれほど遠くは感じないかと思います。

 

 

しかししかし。。。行列を避けるために来たこちらの「カフェ デュ モンド」も、やっぱり長蛇の列でした・・・(なんてこった)

でもニューオーリンズに来たからには、ここのドーナツは食べておきたい・・・ということで仕方なく待つことに。

 

結局15分ほど待って、ようやく揚げたてドーナツを手にしました。

 

 

3つ入りで3ドルほど。

味はね・・・これが意外と美味しかったんです。

「どうせ有名なだけで大した味ではないだろう」と思っていた(ひどい)からなんですけど、アメリカの激甘なドーナツと比べたら格段においしいかと思います。

 

かといって「15分も待つ価値はあるか」と訊かれたら微妙ですが、混んでいない時間にささっと注文してささっと食べる分にはアリです。

 

この店舗は外にも少しだけテーブルと椅子があるので、ミシシッピ川の景色を見ながらベニエをむさぼるのも悪くなかったですよ。

 

ベニエ・ミックスなどのお土産も売っています。

 

CAFE DU MONTE (カフェ デュ モンド)Outlet Collection at Riverwalk
住所8500 Port of New Orleans Suite 27 New Orleans 70130
ホームページhttp://www.cafedumonde.com
営業時間月〜木  8:00am-9:00pm
日        8:00am-7:00pm
マップ

 

 

Killer PoBoys(キラー・ポーボーイ)

こちらはルイジアナ州の伝統的なサンドイッチ、Po Boy(ポーボーイ)のお店。

ぶっちゃけポーボーイが食べられるお店は、我が家の近くにもたくさんありますが、せっかくニューオーリンズに来たのだから名物品を食べねば。。。ということでレビューが良かったこちらのお店「Killer PoBoys(キラー・ポーボーイ)」に行ってみました。

 

ポーボーイ(英語: po’ boy)は、アメリカ合衆国ルイジアナ州の伝統的なサンドイッチ。ポーボーイ・サンドイッチと呼ぶ場合もある。

1920年代に路面電車会社の従業員がストライキを行った際に、以前は路面電車会社に勤めていたことのあるレストラン経営者がストライキ中の従業員に無料で振る舞ったサンドイッチだと言われている。レストラン経営者は従業員を貧乏人、プアボーイ(英: poor boy)と呼んでいたことから、これが縮まってポーボーイと呼ばれるようになった。

エビに替えて、他の具材が使用されることもある。後述のオイスター、ローストビーフ、フィッシュフライ以外にもザリガニ、ナマズ、ソフトシェルクラブといったケイジャン料理によく使われる食材がポーボーイにも使用される。

引用「Wikipedia

 

注文したのはスモークサーモンのポーボーイ($13)と・・・

 

こちらのエビのポーボーイ($13)。

 

味は美味しかったですが、やっぱり値段が高いですね。

これにポテトチップス(1袋$2)とペットボトルの水(1本$2)を2本頼んだら税込で35ドルでした・・・。

 

うちの近所だったら同じようなクオリティーと量で25ドル程度で食べられるので、やっぱりこの界隈は観光地価格だと思いました。

 

Killer PoBoys
住所219 Dauphine St, New Orleans, LA 70112
ホームページhttp://www.killerpoboys.com
営業時間月曜日 10時00分~20時00分
火曜日 定休日
水〜日曜日 10時00分~20時00分
マップ

 

スポンサーリンク

Johnny’s Po-Boys(ジョニーズ・ポーボーイ)

こちらもポーボーイのお店。

1950年開業でフレンチクウォーターのランドマーク的なレストランのようです。

朝8時から開いていますが、午後4時30分に閉まってしまうのでお気をつけて。

 

お昼時はどこも混んでいましたが、こちらのお店も午後2時だというのにとても混んでいました。

 

カウンターで注文してあとはひたすら待ちます。

**キャッシュオンリーなので現金を持って行ってください。

 

待ち時間はカウンターサービスの割に異様に長くて、多分20分近く待ったかと思います。

 

店内はとても狭いので席があればラッキーという感じでした。

カウンターの奥にも小さな部屋があるのですが、そこも満席。

結局私たちはお持ち帰りして、外で食べることにしました。

 

 

テイクアウトのポーボーイを持って向かったのは「【フレンチ・クウォーター観光編】ニューオーリンズ の中心地を歩きまくる。」でもご紹介した「Woldenberg Riverfront Park(ウォールデンバーグ・パーク)」。

ここで早速ランチを広げます。

こちらはローストビーフのポーボーイ。

 

そしてやっぱりこれも「ルイジアナといえば!」なジャンバラヤ。

サラダとパンに隠れてますが、下には大量のジャンバラヤが敷き詰められています。

 

ポーボーイは美味しかったですが、ジャンバラヤは「まぁ普通」という感じ。

「Johnny’s Po-Boys(ジョニーズ・ポーボーイ)」ではポーボーイを頼んだ方が良さそうです。

 

どちらも10ドル程度だったと思うので、フレンチクウォーターで数少ない「安くて美味い」お店ではないでしょうか。

 

ミシシッピ川と「蒸気船ナッチェス号(Steamboat Natchez)」を見ながらランチを堪能しました。

 

 

Johnny’s Po-Boys
住所511 St Louis St, New Orleans, LA 70130
ホームページhttp://www.johnnyspoboy.com
営業時間月〜日曜日 8時00分~16時30分
マップ

 

フレンチクウォーターに疲れたら・・・

Juans Flying Burrito

フレンチクウォーターに行ったら絶対バーで一杯やる!という目標(?)を立てていた私たち夫婦なのですが、どうにもこうにもフレンチクウォーターの活気と熱気に疲れてしまって、とりあえずホテルに戻ることに。

*宿泊先は「インターコンチネンタル ニューオーリンズ」

【ニューオーリンズ ホテル宿泊記】インターコンチネンタル・ニューオーリンズ
先日ルイジアナ州にあるニューオーリンズ にある「インターコンチネンタル・ニューオーリンズ 」に宿泊しましたので、その時のレビューです。 今回の宿泊は「インターコンチネンタル・アンバサダー会員特典」であるウィークエンド無料宿泊を...

 

すると帰り道になんだか可愛らしいレストラン「Juans Flying Burrito」を見つけまして。雰囲気が良さげだったのでここのバーで一杯やることにしました。

 

 

ここはマルガリータの種類がたくさんあって迷いましたが、普通のとレモン・ベリーのマルガリータを注文しました。

これで「ニューオーリンズのバーで飲む」という目標は達成(笑)

フレンチクウォーターではなかったですが、マルガリータはとても美味しかったので満足です。

 

ここはメキシカン・レストランなので、周りの人たちは美味しそうなナチョスやタコスを食べながらワイワイやって店内はとても賑わっていましたよ。

私たちのようにフレンチクウォーターの雰囲気に疲れたら是非立ち寄ってほしいレストランです。

 

Juans Flying Burrito
住所515 Baronne St, New Orleans, LA 70113
ホームページhttp://www.juansflyingburrito.com
営業時間日〜木 日曜日 11時00分~22時00分
金・土 金曜日 11時00分~23時00分
マップ

 

 

スーパーマーケット Rouses Market

こちらは私たちが宿泊した「インターコンチネンタル ニューオーリンズ」から徒歩10分の距離にあるスーパーマーケット「Rouses Market」。

 

フレンチクウォーターにあるドラッグストアはどこも怖い雰囲気だったので、フレンチクウォーターから離れた場所にある、こちらのスーパーマーケットで水と食料を調達することにしました。

 

 

店内はそこそこオシャレで、そして広かったです。

お惣菜、サンドイッチ、サラダ、お寿司やワインなんかも売っているので、レストランでの食事に飽きた人にぴったりです。

 

 

胃が疲れた私たちは軽く食べれるお寿司とサラダ系を買ってホテルで食べることにしました。お水も調達できて助かりました。

 

外食が続くと胃が辛い人に大変おすすめなスーパーマーケットです。

 

Rouses Market
住所701 Baronne St, New Orleans, LA 70113
ホームページhttps://www.rouses.com
営業時間月〜日曜日 6時00分~0時00分
マップ

 

 

スポンサーリンク

まとめ

フレンチクウォーターのレストランはとにかく観光地価格で高いです。

本場のケイジャン料理を楽しみにしていたのですが、私たちが住んでいる近所には美味しいケイジャン料理のレストランが少なからず存在するので、フレンチクウォーターには少しがっかりした・・・というのが正直な感想です。(期待し過ぎたのかも??)

 

逆に意外と美味しかったのが、全く期待していなかった「CAFE DU MONTE (カフェ デュ モンド)」のドーナツでした。

並ぶのを覚悟して、そして期待せずに食べてみてください(笑)

 

 

 

↘️ブログランキングに参加しています↙️

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

【アメリカ】ルイジアナ
スポンサーリンク
Pomをフォローする
スポンサーリンク
在米DINKsの気ままな暮らし