足裏の角質・タコがごっそりとれる!アメリカでおすすめフットケア用品

この記事は約4分で読めます。

もうすぐ本格的な夏が始まりますね。

夏はプールやビーチなど楽しみが目白押しですが、足裏にできた角質・タコが気になりませんか?

 

私はヨガで裸足になったり、ビーチでサンダルを履くときや裸足になるとき、足の裏の状態が非常〜に気になります。

私の場合、かかとは気になるほどではないのですが、足の親指の付け根の皮膚がすぐに硬くなってしまい、長年悩んでいたんです。

 

ヤスリみたいな物を試したこともあったのですが、満足な結果は得られずに何年もモヤモヤ・・・

ところが3年ほど前にAmazonで見つけたのがこの「フット・ファイル」で、あっさり私の「角質問題」は解消され、今では足の裏も「どうぞ見て!」と言えます。(誰も見たくない)


Amazonで価格をチェックする

 

 

スポンサーリンク

タコができる原因

タコができる原因は、皮膚に強い摩擦や圧迫が加わったときに、その部分が厚くなってできるもの。

私の場合は足の親指の付け根の部分に角質がたまるのですが、つまりは歩いているときに親指の付け根のところで蹴っているということですね。

子供の頃はなかった(はず)なのに、25歳を過ぎた頃から気になりだしたと記憶しています。

タコとは、皮膚に強い摩擦や圧迫が加わった時に、その部分の皮膚が厚くなってできるものです。足の裏のいつも靴に当たるところとか、ウェイトトレーニングをする人なら、手の平のバーの当たるところなどにできます。

出典「lifehacker

 

 

おすすめ角質ケア:フットファイル

フットファイル:特徴


Amazonで価格をチェックする

このフットファイルは角質を削るタイプの物なのですが、削っても痛みは感じませんし、水で洗えるのも魅力のひとつです。

 

拡大してみるとこんな感じ。目の細かいおろし金みたいですね。

ちなみに「Made in USA 」です。

 

私のAmazonの購入履歴によると2016年11月に購入しているので、もうかれこれ2年半使っていることになりますが、まだ全く問題なく使えています。

 

フットファイル:使い方

では実際にどうやって使うかですが、角質の分厚くなっている部分をこの「おろし金」・・・ではなく「フット・ファイル」で削り落とします。

私はお風呂に入って皮膚を柔らかくしたりせず、そのまま(硬いまま)ガリガリ削り取ってます。(これがなかなか快感)

 

メーカーのホームページによると、濡れていても乾いていてもどちらでもいいそうです。

 

 

お目汚しで恐縮ですが、実際のビフォー・アフターの写真がこちら。


Before


After

 

「Before」の丸で囲った部分が少しだけ膨らんでいるのが見えるでしょうか?これが皮膚が硬くなった状態です。

削った後の「After」ではちゃんと平らになっています。

 

最近では角質がたまってきたな〜と思うとすぐに削ってしまうので、角質がそんなに分厚くなくて分かりにくいかもしれませんが、このフットファイルを購入前は、それはそれは立派な角質ができていたんです。

歩いていても硬い部分を感じるくらい不愉快だったのが、今ではこのフットファイルのおかげで常にフラットでいられます。

 

こちらは削ったあとの角質です。

けっこう飛び散るので、新聞紙か何か大きい紙の上で処理した方がいいかと思います。

 

 

フットファイル:注意点

メーカーのホームページによると、糖尿病の人は使用を控えるようにとのこと。

糖尿病患者は足の感覚がにぶくなり、知らずのうちに硬い皮膚を通りすぎて、通常の柔らかい皮膚までも傷つけてしまう恐れがあるからだそうです。

 

その他、足の血行の悪い人や、足に怪我をしている人は使用しないでくださいね。

 

フットファイル:手入れ方法

「手入れ法」なんて説明する必要もないほど簡単です。

使用後に石鹸とお水で洗って乾かすだけ。

他に特にケアをしなくても、私のように2年半は余裕で持ちます。

 

スポンサーリンク

フットファイル まとめ

この「フット・ファイル」のおすすめポイントは3つです。

  • 値段がお手頃
  • 洗って何年でも使い続けることが可能
  • アメリカ製

コスパが抜群で、足の裏のことを心配する日々とは無縁になります!

 

あんまり友達との間で「足裏の角質」の話題にならないため(笑)、今まで誰にもおすすめしたことがなかったのですが、やっとブログを通じてこのフットファイルの魅力をお伝えできてすっきりしてます。

 

足裏の角質で悩んでいる方は是非一度試してみてくださいね。

 

↘️ブログランキングに参加しています↙️

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

美容・コスメ
スポンサーリンク
Pomをフォローする
スポンサーリンク
在米DINKsの気ままな暮らし