スポンサーリンク

【2020 WDW】スターウォーズの新アトラクション「Rise of the Resistance」に乗ってきた!

この記事は約9分で読めます。

フロリダにあるディズニーワールドに行ってきました。

4つあるパークのうち「ハリウッドスタジオ(Hollywood Studios)」には2019年夏に新たにスターウォーズランド「Galaxy’s Edge」がオープンしましたよね。

 

さらに2019年12月にはスターウォーズの新しいアトラクション「ライズ・オブ・ザ・レジスタンス(Rise of the Resistance)」がオープンし、ハリウッドスタジオは今までに見たことがないほど大混雑でした!

 

「ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」は2020年1月時点ではまだファーストパスがなく、完全予約制です。

予約の仕方の説明とともに、「ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」のレビューをしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

「ライズ・オブ・ザ・レジスタンス(Rise of the Resistance)」予約方法

先にも言いましたが、「ライズ・オブ・ザ・レジスタンス(Rise of the Resistance)」には2020年1月時点ではまだファーストパスがありません。

 

でも完全予約制なので予約がないと並ぶこともできないということになります。

ではどうやって予約したらいいのかというと以下のような手順になります。

 

ディズニーのアプリ「My Disney Experience」をダウンロードする

「My Disney Experience」はアトラクションのファーストパスを取得する時や、レストラン予約にも使えるので、どのみちダウンロードしておいた方がいいです。

 

 

「ハリウッドスタジオ(Hollywood Studios)」に行く

当日「ハリウッドスタジオ(Hollywood Studios)」の開園時間前には到着しておいてください。(私たちが行った日は朝7時開園でした)

私たちは朝の5時40分頃にホテルからバスで出発し、6時にはハリウッドスタジオのエントランスに到着しましたが、この通りすでに人だかり。

私たちは過去2度ハリウッドスタジオに来たことがありますが、こんなに混んでいるのは初めてです。

間違いなくスターウォーズ効果ですね。

 

あまりの混雑ぶりなので6時半にはパーク内には入れてくれました。

チケット、もしくはマジックバンドを上の機械にかざし、指紋をとったら入園です!

 

 

 

パーク内に入れてはくれますが、まだレストランも乗り物も開いていないので、このように待つことになります。

 

開演時間と同時にアプリでボーディングをゲットする

「My Disney Experience」アプリを起動させ、実際の開園時間まで待機します。

 

アプリの「Staw Wars : Rise of the Resistance」の「Find Out More」をクリックし、予約できる状態にしておきましょう。

 

 

開園時間(この日は午前7時)になると「Join Boarding Group」が押せるようになるので急いでクリック!

 

*日によっては「開園時間前にボタンが現れた!」ということもあるらしいですが、基本的には開園時間になるまで現れません。

 

ボーディンググループは毎日1から110〜120くらいまで用意されており、1日の定員に達したらもう「Join Boarding Group」というボタンは現れなくなります。

私たちは開園時間の7時と同時にボタンを押し、グループ60となりました。

 

ボーディング時間に「Rise of the Resistance」に搭乗

自分のボーディング時間が来るまで常にアプリの「Status」でチェックしておきましょう。

 

時間が来たらこのように通知を受け取りますが、ステータスはこまめにチェックしておいた方がいいです。

 

 

「Rise of the Resistance」のエントランスはこちらになります。

ここでマジックバンドもしくはカードをでボーディンググループ番号をチェックされますので、ズルはできません。

 

ちなみにこの日のボーディンググループ60が呼ばれたのは午前11時20分頃でした。

ではここからがレビューになります!

 

 

「ライズ・オブ・ザ・レジスタンス(Rise of the Resistance)」搭乗記

ボーディングしたからといってすぐに乗れるわけではなく、最初は外で並ぶことになります。

真夏の炎天下にここで待つのは辛そうなので、早くファーストパスができることを祈ります。

 

 

しばらくしたら建物内へ入れます。

色んなスターウォーズのものが展示されているので、待ち時間も楽しめますよ。

 

順調に前に進んでいくと思いきや、この新しい乗り物はかなり故障の頻度が高く、この日は2度エラーが出て一旦休止しています。

私たちが並んでいるときも途中で30分動かなくなりました。

 

しかししかし。

乗り物が止まって5〜10分後、チューバッカ登場。

待っているゲスト一人一人に挨拶して回ってくれました。

 

その後ブルーなお姉さん登場。

私は知らないキャラクターなんですが、この人も多分スターウォーズのキャラ??

 

さらにさらに、スナックまで配られました。

この時はバナナかポテトチップス。

お昼時でお腹すいていたので助かりました。

 

しょっちゅう不具合が起こるためか、最初から色々用意されているようです。

 

 

30分後にようやく再開。スターウォーズ展示物を見ながら奥へと進みます。

 

BB8のいる部屋に案内されたら、この乗り物の趣旨を紹介されます。

 

ホログラムでレイが登場。

どうやら私たちは新しいレジスタンスのメンバーで、これからスペースシップに乗り込むようです。

 

はい、こちらがそのスペースシップ。
ドアが開いたら乗り込みます。

 

こちらがそのスペースシップの中。

 

悠々自適に乗っていると、なんとファーストオーダーに攻撃され捕まってしまいます。

 

ここからが捕虜として連行されるスター・デストロイヤーの中になります。

スタッフもシリアスな顔でにこりともしません。

 

 

とはいえ、皆さん写真撮影に必死!

(そういう私たちもね)

 

このストームトルーパーの部屋が不気味かつ綺麗でした。

 

では捕虜として尋問される部屋まで待ちます。

 

このように2列に並ばされて、写真とか撮ってると怒られることがあります。

(キャストメンバー全員役に入りきってますから)

 

では尋問室に入ります。

 

なんだか狭くて暗い部屋です。

 

すると頭上にカイロ・レンが。

レジスタンスの基地のありかを吐くように言われますが、「また戻る」と言ってすぐに立ち去ってしまいます。

この直後に尋問室の壁がレーザーか何かで切られ、そこから脱出することができます。

 

ここで現れたのが8人乗りのファースト・オーダーの輸送船。

フィンがモニターに現れ、レジスタンスの脱出劇が始まります。

 

 

 

緊迫した状況の中どんどん進んで行きます。

 

こんなでっかいマシンの間もスイスイとくぐり抜けます。

 

 

途中でカイロ・レンとハックス将軍が議論しているところに出くわし、その瞬間「レジスタンスが逃げ出した」という報告が入ります。

やばいやばい、逃げてー。

 

というわけで脱出ポッド目指してどんどん逃げます。

 

ところがカイロ・レンも諦めません。

「レジスタンスの秘密基地の在り処を教えろ〜」としつこく迫ってきますが、ここからもなんとか逃げ切ります。

 

 

すったもんだの末、無事に脱出。

なんと出口は屋外でした。

 

新しいタイプの乗り物ですっごく楽しかったです。

みんな満足の顔でアトラクションを後にしました。

 

スポンサーリンク

まとめ

「ライズ・オブ・ザ・レジスタンス(Rise of the Resistance)」は期待以上におもしろかったです!

乗り物にたどり着くまでもスターウォーズの世界を体験できるようになっていて、待ち時間がそれほど苦にはなりませんでした。

結局タイムラインとしてはこんな感じでした。

2020年1月
  • 6:00AM
    ハリウッドスタジオ到着
  • 6:30AM
    ハリウッドスタジオに入る
  • 7:00AM
    ボーディング権をゲット
  • 11:20AM
    ライズ・オブ・ザ・レジスタンスに入る(ボーディンググループ60)
  • 11:45AM-12:15PM
    故障で立ち往生(約30分間)
  • 12:30PM
    レイとのミーティング後スペースシップに乗船
  • 12:40PM
    尋問室に入れられる
  • 12:41PM-12:46PM
    乗り物体験

 

2020年1月時点ではまだファーストパスがありませんが、もう少し混雑が落ち着いたらファーストパス開始されるかもしれません。

 

すっごく楽しいので、フロリダのディズニーワールドに行ったら是非ボーディングパスをゲットして乗ってほしいアトラクションです。

 

↘️ブログランキングに参加しています↙️

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

【アメリカ】フロリダ
スポンサーリンク
Pomをフォローする
スポンサーリンク
在米DINKsの気ままな暮らし