アメリカ人と結婚したからといって自動的に英語を話せるようにはならないという話

この記事は約6分で読めます。

アメリカで10年生活していると色んな人種の方と出会います。

ここ南部はメキシコからの移民が非常に多いですし、中国人、韓国人、インド人も多いです。

日本人も国際結婚の方、日本人駐在員とその奥さん、または日本人同士アメリカで出会いアメリカで結婚されたご夫婦など、様々な方と出会います。

アメリカに住んでるだけでは英語を話せるようにはならない

私がアメリカに住み初めて驚いたのが、アメリカに十数年住んでいても全く英語ができない人が意外と多くいるということ。

私の知り合った日本人の中にも、アメリカに十数年住んでいても英語は片言、という人がたくさんいます。

日本人の多いカリフォルニア州ならまだしも、日本人向けのサービスのほとんどない南部ですらです。

単に英語の勉強をしていないからという理由だけでなく、「絶対に英語なんて覚えない!」とかたくなな意志(?)を持ち日本人としか関わりを持たない方もいらっしゃいます。

英語を習得しやすい環境にあるのは間違いないですが、やはりアメリカに住んでる「だけ」では話せるようにはなりません。

アメリカ人と結婚したからと言って英語は上達しない

国際結婚してパートナーが英語を母国語とする人だったら英語はペラペラに違いない!と思う方もいらっしゃいますが、これも大きな間違いです。

私の知り合いで、アメリカ人と結婚しアメリカに住んで20年経っても英語がほとんど話せない人もいます。

アメリカ人のご主人も10代のお子さんも日本語をほぼ理解しないので、お家での会話は100%英語なのに、ご本人は片言の英語しか話せないのです。

 

逆に日本人同士のご夫婦でも英語が流暢な方はたくさんいらっしゃいます。

アメリカ人と結婚しているからというだけで英語が自動的に上達するわけではないということですね。

(聞き取り能力は上がると思いますが)

 

 

 

私は今でこそアメリカで仕事ができる程度には英語力は上がりましたが、夫と出会った当初なんて英語は全くできませんでした。

付き合い始めてから猛勉強したので500点だったTOEICの点数は半年で800点くらいにはなり、同時に英会話学校にも通い始めて日常会話ができるくらいにはなりました。

が、結婚してからアメリカへ移住し、仕事も見つからないので専業主婦をしていた頃、私の英語力はみるみる落ちていきました。

車もなければ運転免許も持っていなかったので家で掃除洗濯と料理だけをする毎日。

友達(現地の日本人とか)にも会いに行けず基本的に会話の相手は夫のみ

 

これが危険なんです。

 

うちの夫は日本語はほとんどできませんが、簡単な会話や単語は理解するんです。

すると私も怠けて日本語と英語を織り交ぜた変な言葉を話し始め、そしてそれを夫も理解してしまうため、どんなに変な英語でも会話が成り立ってしまいます。

こうなると英語力は下降の一途をたどるのみです。

 

幸い私にも仕事が見つかり働き始めたので、色んな人と会話をし英語力もまた上がっていきましたが、やっぱり努力なしには英語は上達しないと痛感しました。

 

最初のうちは「この人と会話したいから英語の勉強をがんばる」、というモチベーションにはつながりますが、結婚して何年もたつとそんな気持ちは無くなります(笑)

英語をきちんと話したい!という強い意志がないと英語は上達しないと思います。

スポンサーリンク

英語の上達には本人の意志と努力が必要

私も渡米前は「アメリカに住んでいれば英語なんて簡単に覚えられるんじゃないの?」と安易に考えていました。

でもよほどセンスのある人じゃない限り、大人になってからの言語の習得ってそんなに簡単じゃないです。

 

先ほども例に挙げましたが、まず周囲のアメリカ人がこちらの変な英語に慣れてくれます。

これは家庭でも会社でも同じで、日本人と結婚しているアメリカ人や、日系の会社で長く働いているアメリカ人は日本人のおかしな英語・発音を理解してくれる人が多いです。

そして「通じたんだからいっか」と英語力を伸ばす努力をしなくなります。

とはいえ人それぞれゴールは違うので、「会話が通じるレベル」を目指す人にとってはこの「ぬくい環境」は全く問題ないといえますけどね。

 

 

個人的に感じるのは、会社の人と仕事の話をするより世間話でもした方がよほど英会話の勉強になるということ。

日本語もそうですが、ビジネス英語なんてだいたいパターンが決まっているので覚えてしまえばそう難しくないのです。

日常会話の方が使う単語・イディオムも多いし、人によって言い回しが違っていたりするので勉強になります。

私のおすすめする英語学習法(会話編)

日本人が苦手とするのがやはりスピーキングですよね。

私も最初はまず日本語で考えて、頭の中で英語に訳してから話していたのでかなりたどたどしかったです。

 

自分なりに効果があったかなと思うものは「お気に入りのドラマや英語を見つけてそれを何度も観る」ということ。

 

最初のうちは字幕付きで見る

分からない単語やイディオムを調べる

それを実生活で使ってみる

字幕なしで見る

 

ということを繰り返しているとなんとなく英語力が身についてきましたよ。

あまりに汚い英語を使う映画やドラマはおすすめできませんが、「フレンズ」(今でも根強い人気ですね)、「モダン・ファミリー」、「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」あたりだと無難に学べそうな気がします。

スポンサーリンク

私のおすすめする英語学習法(リーディング編)

リーディング力は仕事をする上でかなり役に立ちます。

メールを読むだけで時間がかかっていたのでは仕事が進みませんから。

 

私は単に趣味で本を読み始めたのですが、気が付けば読むスピードが劇的に上がったので「読書」でリーディング力アップをおススメします。

 

ジャンルはなんでもいいから自分で読み続けられるもの。

 

私は最初は新聞を読み始めたのですが、興味がない記事や普段使わないような単語ばかり出てくるので、飽きてしまって数日と続きませんでした。

ファンタジーでも推理小説でもなんでもいいので、とにかく自分が飽きずに読み続けられるものがいいと思います。

(ただしシェークスピア等の古典物はやめた方がいいです。難しい上に実生活で使えません)

 

私が続いたのは現代ロマンスもの。

生きた英語がそのまま会話に使われているので日常生活で使う語彙力があがります。

そしてアメリカの文化、習慣、職種ごとの内容なんかも同時に学べて面白いです。

 

読みやすくておすすめなのが下記3人の著者。

恋愛小説ですが、人物描写や背景がしっかりしているのでイメージしやすく、かなり英語学習に役立ちました。

Nora Roberts
Susan Mallory
Sherryl Woods

最後に

英語大好き!人と話すの大好き!という人じゃない限り英語の勉強って面倒くさいし、なにより英語を話すことすら億劫だなぁと思うときが私もあります。

とはいえアメリカで暮らしていくにはやはり多少の英語力は必要になってくるかと思います。

 

ストレスを感じない程度に楽しく英語を学べるテレビ(映画)鑑賞と読書はほんとにおすすめなので試してみてくださいね。