サンフランシスコ

【フィッシャーマンズ・ワーフ】サンフランシスコで一番人気の観光スポット

この記事は約7分で読めます。

サンフランシスコで一番有名で大人気な観光スポットといえば「フィッシャーマンズワーフ」。

お土産ショッピングは全部ここで完了するんじゃないかというくらい、「ザ・サンフランシスコ」なものがたくさん集まっています。

人気過ぎるがゆえにかなり混雑しているというのがデメリットですが、サンフランシスコに行くなら一度は訪れてみる価値はあるかと思います。

 

フィッシャーマンズワーフ(Fisherman’s Wharf) 基本情報

フィッシャーマンズ・ワーフ(Fisherman’s Wharf)は、ざっくりとヴァン・ネス大通りからピア35あたりまでのウォーターフロント沿いのエリアを指し、カニのマークの看板が有名です。(思ったより大きかった・・・)

 

19世紀半ばのゴールドラッシュ以降に中国やイタリアからの移民を中心に魚やカニの漁業が盛んに行われたことから「漁師の波止場(埠頭)」と呼ばれています。

ちなみに当時の漁師さん達の収入は週に2〜3ドル程度だったそうで、パン1斤が5セントで買えた当時でも月に8〜12ドルはちょっと低いですよね・・・。

 

観光バス「Big Bus San Francisco」もフィッシャーマンズ・ワーフで停車するので、ついでにサンフランシスコの街をぐるっと1周しても楽しいかも。

 

フィッシャーマンズワーフ
Fisherman’s Wharf
住所1 Ferry Building, San Francisco, CA 94111
ホームページhttps://www.fishermanswharf.org
マップ

 

 

 

 

ギラデリ・スクエア (Ghirardelli Square)

ギラデリ・スクエアは、古いチョコレート工場跡地にあるショッピングセンターで、ギラデリのチョコを使ったデザートを食べられるカフェがあります。

 

やっぱりサンフランシスコに来たらギラデリのチョコは食べておこう!ということで入ってみました。

 

店内には実際にチョコレートを作っている機械を見ることができ、プチ工場見学のようで楽しいです。

 

歩き回って疲れていたのでホット・ココアで休憩。

 

オリジナル・ギラデリ・アイスクリーム&チョコレート
(The Original Ghirardelli Ice Cream and Chocolate Shop)
住所900 North Point St Ste 52, San Francisco, CA 94109
営業時間11時00分~22時00分
ホームページhttps://www.ghirardelli.com/
マップ

 

 

スポンサーリンク

ベーカリー・ボウディン:Boudin

こちらはサワードウブレッドで有名な「ボウディン(Boudin)」。

 

パン屋さんなのでサンドイッチメニューが主流ですが、ここのブレッドボウルに入ったクラムチャウダーが特に有名かと思います。

 

こんな可愛いパンも。

 

ボウディンのオリジナル商品もたくさんあるのでお土産にもいいかと思います。

 

2階部分はカフェより値段がお高めなレストラン「ビストロ・ボウディン(Bistro Boudin)」があります。

 

Boudin Bakery, Bakers Hall Fisherman’s Wharf
住所160 Jefferson St, San Francisco, CA 94133
営業時間日〜木曜日 8時00分~20時00分
金〜土曜日 8時00分~21時00分
ホームページhttps://boudinbakery.com/
マップ

 

 

 

ピア39(Pier 39)

こちらはフィッシャーマンズ・ワーフの中で一番人気のピア39。

ピア39は2階建てのショッピングセンターで、ショッピング、ダイニング、エンターテイメントが集結しているためここだけで数時間は遊べるかと思います。

 

ピア39(Pier 39)
住所The Embarcadero, San Francisco, CA 94133
営業時間11時00分~20時00分
ホームページhttps://www.pier39.com
マップ

 

 

ここにも先に紹介したブレッドボウルに入ったクラムチャウダーが人気な「ボウディン(Boudin)」があります。

 

 

しかし私たちはBoudinではなく、その近くにある「チャウダーズ(Chowders)」でクラムチャウダーを食べることに。

理由は特になく、お腹が空いてたから目に入ったお店に入っただけ・・・(笑)

 

食べ比べてないのでどっちが美味しいのかは分かりませんが、ここのクラムチャウダーも普通に美味しかったですよ。

 

ベイ水族館(Aquarium of the Bay)

ベイ水族館(Aquarium of the Bay)もピア39にありますが、規模が小さい割に値段が約30ドル(*2021年11月現在)と少し高めなので、シティパスを利用した方がお得です。

 

アシカの群れ

ピア39で忘れていはいけないのが、このアシカの大群。

 

1989年に起きた地震の直後の1990年に10〜50頭ほどで現れたアシカの群れは、環境の良さが口コミで広まったのか(笑)ほんの数ヶ月で300頭にまで増えたそう。

通常であれば夏になると繁殖のために南のチャネル諸島まで移動するのですが、近年では1年中このドックにいるアシカも少なからずいるみたいです。

よっぽど居心地がいいんでしょうね。

 

サンフランシスコ・ベイクルーズ

ブルー&ゴールド・フリート(Blue & Gold Fleet)」というフェリー会社が1時間のベイクルーズを運航しているので、私たちも参加してみました。

料金は以下の通りですが、シティパスに含まれているのでお得に乗船できますよ。

  • おとな:35ドル
  • こども(5〜11歳):25ドル
  • こども(12〜18歳):30ドル
  • シニア(65歳〜):30ドル
  • ミリタリー:30ドル

*2021年11月現在

 

フェリーが出発した直後にはアシカの大群を反対側から見ることができます。

 

ゴールデンゲート・ブリッジの下を通ります。

ちなみに橋は自転車でも渡ることができるので、サウサリートへの半日観光にとてもおすすめです。

【サンフランシスコ】レンタル自転車でゴールデンゲート・ブリッジを渡ってみた
サンフランシスコに架かるゴールデンゲート・ブリッジは徒歩や自転車でも通れるのですが、私たちもせっかくなので橋の写真を遠くから撮るだけでなく、自転車をレンタルして橋を渡ってみることに。 橋を渡った先にある港町「サウサリート(Sa...

 

ピア39からだとこーんな小さいアルカトラズ島も・・・

フェリーが近くを通るのでしっかり見ることができます。

*中を見学したい場合はアルカトラズ・シティー・クルーズに参加する必要があります。

 

サンフランシスコの街をパノラマで見る事ができるのもこのツアーの魅力。

 

 

スポンサーリンク

最後に

フィッシャーマンズ・ワーフは観光、ショッピング、ダイニングを全て楽しむことができますが、エリア自体はそんなに広くないので1日で回りきれるかと思います。

ピア39は特に観光客で混雑していますが、ゴールデンゲート・ブリッジ、アシカの大群、アルカトラズ島を近くで見る事ができるベイクルーズはかなりオススメなので、是非足を運んでみてください。

 

 

その他サンフランシスコ観光記事はこちら(↓)

【ミュアウッズ国定公園】レッドウッドの森をハイキング!

【サウサリート】サンフランシスコ対岸にある海辺の街を散策

【サンフランシスコ】レンタル自転車でゴールデンゲート・ブリッジを渡ってみた

【Pagan Idol】サンフランシスコの人気ティキバーに行って来た

サンフランシスコで食い倒れ!グルメなフェリー・ビルディング・マーケットに行ってきた

 

サンフランシスコ宿泊記事はこちら(↓)
【サンフランシスコ】ハイアット・リージェンシーホテル宿泊記