アメリカ在住10年の私がおすすめする【キッチン用品】6選

この記事は約7分で読めます。

私がアメリカで暮らし始めて早10年。

お料理は好きな方なので色んなキッチン用品を試してきましたが、使えなかった商品も数知れず・・・。

そしてたくさん調理器具やツールがあっても、結局日常的に使っているのは数点だけだったりします。

 

今日は私が実際にお友達にもオススメしている選りすぐりの6品を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Lodge 鉄のフライパン


Amazonで価格をチェックする

もう王道ですね。Lodge社の鉄のフライパンです。

私は10インチのものと8インチのものを持っていますが、この鉄のフライパンで調理するとお肉がすごーくおいしく焼けます。

私は鉄分が不足しがちでしょっちゅう疲れを感じるのですが、そういう時はこの鉄のフライパンで焼いたステーキを食べると回復します。

 

きちんとお手入れすれば数10年は持つと言われていますね。

私も10インチのものは結婚当初にもらったので、かれこれ10年使用してますがまだまだ使えそうです。


ステンレス製の鉄のフライパンクリーナー


Amazonで価格をチェックする

先述の鉄のフライパンを洗うクリーナーです。

「きちんと手入れすれば数十年はもつ」とか言っておきながら、手入れを怠って焦がすは錆らすはめちゃくちゃな扱いの私(お恥ずかしい・・・)。

どうしてもフライパンの焦げが落ちなくて困っていた時にアマゾンで見つけたのがこの商品。

しつこい焦げがきれいにとれました。

今では焦げてなくても鉄のフライパンを洗うときはスポンジではなくこれを使ってます。


スポンサーリンク

KitchenAid(キッチンエイド)スタンドミキサー


Amazonで価格をチェックする

これまた王道です。

料理好きさんは必ず持っているであろうキッチンエイドのスタンドミキサーです。

お菓子作り、パン作りに便利です。

こんな感じでパン生地をこねてくれます。(手でこねるより全然楽です。)

 


Amazonで価格をチェックする

私はパスタを作れるアタッチメントも持っているんですが、これで簡単にパスタが作れます。手間はかかりますが、手作りのパスタは格別においしいですよ。


Silpat ベーキングシート


Amazonで価格をチェックする

フランス製のクッキングシートです。

私はクッキーを焼くときや野菜、サーモンをグリルするときに使っています。

シリコン素材でくっつかない・焦げ付かないので大変使いやすいです。

2000~3000回くらいは使用可のはずですが、私はかれこれ7~8年は使っていてお見せできないほどボロボロです・・・。新しいの買わないと。

 

スポンサーリンク

シリコン・ストレッチカバー


Amazonで価格をチェックする

私はできるだけプラスチックラップを使わないようにしているので、このカバーのおかげでフタのない容器でも保存ができて助かっています。

安全だし、ごみは出ないし一石二鳥です。


シリコン・保存バッグ


Amazonで価格をチェックする

私はプラスチックのバッグもできる限り使わないようにしているので、このシリコンのバッグはうちでは大活躍してます。

液体が漏れることもないですし、電子レンジや食洗器の使用もオッケーなので使いやすいです。

 

私はお肉を冷凍する際、この中に入れてマリネした状態で冷凍しています。

解凍後すぐに調理できるので便利ですよ。


スポンサーリンク

最後に

いかがでしたでしょうか?

王道なものから比較的新し目の商品までをラインナップしてみました。

特に最初にご紹介した調理器具は私が「日本に帰国するとき絶対持って帰る!」と思っているほどおススメです。

アメリカでキッチン用品を買うときの参考にしてみてくださいね。

 

↘️ブログランキングに参加しています↙️

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

キッチン・料理
スポンサーリンク
Pomをフォローする
スポンサーリンク
在米DINKsの気ままな暮らし