オクラホマ人気の滝。チュービングもできる【(ターナー滝)Turner Falls】

スポンサーリンク
この記事は約7分で読めます。

オクラホマで人気だと知人に聞いて、「ターナー滝公園」に行ってきました。

77フィート(23メートル)にも及ぶ滝、プール、お城、洞穴などがあり、家族連れが丸一日遊べる公園となっています。

 

滝は綺麗だったし、川は澄んでいて夏のアクティビティーにはもってこいのこの公園ですが、半日遊んでみて

 

「きれい好きな人は絶対行かない方がいい」

 

という結論にいたりました。

 

ターナー滝を見に行こうと考えている人は是非参考にしてみてください。

 

Turner Falls Park
Turner Falls Park in Davis, Oklahoma is an adventurous family-friendly destination nestled in the Arbuckle Mountains. Home of Oklahoma's Largest Waterfall (77')...

 

スポンサーリンク

ターナー滝公園 基本情報

ターナー滝公園はオクラホマ州のDavisにあり、オクラホマ・シティーから1時間半の距離にあります。

住所:I-35 & US HIGHWAY 77, DAVIS, OKLAHOMA

 

 

料金

 

入場料

入場料は車の数に関係なく、人数分の入場チケットが必要です。

(キャンプする場合は日数分)

大人$14$5
シニア(55歳以上)$7$4
子供(6〜12歳)$7$5
子供(5歳未満)無料無料
ミリタリー(要ID)$7N/A

 

 

 

その他料金

種類料金
キャンプ$12.50/車 + 入場料(全員分)
RV$25/日 + 入場料(全員分)
シェルター$40/日 + 入場料(全員分)
パーク パピリオン$100/日 + 入場料(全員分)

ターナー滝公園にはキャンプや乗ってきたRVで宿泊も可能です。

が、ここはあまりオーガナイズされたキャンプサイトではなく、キャンプしている人たちの荷物は乱雑だし、ゴミはその辺にたくさん落ちているし、個人的にはあまり泊まりたくはないかなぁという感じ。

 

ここは1泊250ドルでキャビンも借りられるようですが、まぁまぁ高いですよね・・・。

公式ホームページはこちら

ターナー滝公園 遊べる場所

では早速遊んでみましょう。

Blue Hole Pool

ここは入り口から入場してすぐのところにあるプールです。

 

このプールは意外と大きくて、滑り台や飛び込み台もあります。

 

 

私たちはあらかじめ膨らませて持っていったチューブに乗って、ここをぷかぷか浮かぶことにしました。

(ここではレンタルは多分していないので、浮き輪やチューブは持参する必要があるかと思います)

 

この滑り台は人気で、大人も子供も楽しんでました。

近くでみるとなかなか急斜面です。

 

 

 

ただし滑り台から落ちる地点はかなり深水となっていて、ほとんどの人は足が届かないかと思います。

一人女性がこの滑り台から滑り降りて、鼻に水が大量に入ってきたことと、足が地面につかないことでパニックになって大変でした。

(うちの夫が救助に向かった)

 

このターナー滝公園にはライフガードがいないので、溺れても誰も助けに来てくれません。

(近くに気がついた人がいれば助けてくれるかもしれませんが・・・)

 

飛び込む時や泳ぐときは十分に注意しましょう。

 

The Castle

ターナー滝が見たい場合はかなり奥まで進む必要があります。

途中淺い川を渡る必要がありますが、よほど車高の低い車でない限り普通に渡れます。

 

上の写真の建物(キオスク?)より向こう側から車は通行禁止になるので、手前で車を駐めましょう。

(通行禁止エリアにある車はパトカーです)

 

ここから先は川沿いに歩きます。

 

ターナー滝に向かう途中で「お城」が建っています。

 

お城といっても廃墟に近いですが、探検するのは楽しいかも。

 

中は薄暗く怖い雰囲気です。

 

 

そんなに大きくはないですが、ドラゴンクエストに出てきそうなお城(廃墟)で個人的には楽しめました。

 

ターナー滝(Turner Falls)

お城を後にし、さらに川沿いに進んでいくとターナー滝に到着です。

 

 

早朝なので誰も泳いでいませんが、暑い時間は混雑するようです。

この周りにバーベキューグリルやテントを用意して、「基地」にしている家族が多かったです。

 

この滝の周辺にはハイキング・トレールもあります。

 

登っていくとこんな景色が見られます。

 

下にある滝のプールを見下ろすこともできます。

 

途中で洞穴もありますが、頑張って登って見るほどのものでもないかも・・・。

 

ちなみに足場はかなり悪く、蜘蛛の巣がそこら中にあり、整備されたトレールではないです。

 

スポンサーリンク

ターナー滝公園 注意点

ライフガードが不在

先述の通りここにはライフガードがいないので、飛び込んで溺れても全て自己責任です。

入り口付近のプールは一部がかなり深いので特に注意しましょう。

 

 

ちなみにこちらのニュース記事によると、2016年から数えると8人が溺れて亡くなっており、今月に入って2人が溺れて亡くなっているようです。

Second person drowns at Turner Falls in 3 days
Authorities in southern Oklahoma say a 39-year-old man has apparently drowned at a popular tourist destination.

 

 

ゴミ・トイレが汚い

朝一でゴミ回収はしてくれるものの、道端にゴミを捨てる人がたくさんいてかなり汚いです。

 

 

またお手洗いがいくつかありますが、どれも超絶汚いです。

水洗トイレですが、掃除はしないのか汲み取り式並みに臭います。

 

 

12歳以下はベスト着用義務

12歳以下のお子さんはCoast Guard(水難救済隊)公認の浮くライフジャケットや用具を着用する必要があります。

ターナー滝公園ではライフジャケットのレンタルはしていないので、持参してくださいね。


 

まとめ

私たちの滞在時間は午前中の数時間だけでしたが、まぁまぁ楽しめました。

でもトイレの汚さとゴミの散らかり具合がひどかったので、個人的にはオススメはしないかな・・・という感じ。