スポンサーリンク

アメリカ在住者必見!旅行好きなら【Chase Freedom】と【Chase Sapphire Preferred】が断然おすすめ

この記事は約10分で読めます。

私がアメリカで旅行に特化したクレジットカードを調べ始めたとき、ホテルポイントについてもエアラインマイルについてもほとんど知識がなく、どのクレジットカードを選べばいいのかさっぱり分からないという初心者でした。

今日は私が旅行系のクレジットカードを選ぶ時にどこを重視したか、どこが決め手になったかなどのポイントを説明したいと思います。

旅行関連のクレジットカードがほしいけどどのクレジットカードがいいか分からない!という方は参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

【アメックスとChase】ポイントを移行できるパートナー比較

まずはクレジットカードのポイントをエアラインマイルやホテルポイントに移行できるものを探しました。

そこで候補に挙がったのが『Chase』と『AMEX(アメックス)』のクレジットカード。

 

私が最初に着目したのがどの航空会社やホテルと提携しているのか。

どれだけポイントが貯まってもよく使う航空会社やホテルにポイント移行できないと意味ないですもんね。

ではまずはChaseから。

Chase トラベルパートナー
航空会社エアリンガス
Aer Lingus AerClub
ブリティッシュエアウェイズ
BritishAirways Executive Club
エアフランス
Flying Blue AIR FRANCE KLM
イベリア
Iberia Plus
ジェットブルー
JetBlue TrueBlue
シンガポール航空
Singapore Airlines KrisFlyer
サウスウェスト航空
Southwest Airlines Rapid Rewards®
ユナイテッド航空
United MileagePlus®
バージンアトランティック
Virgin Atlantic Flying Club
ホテルIHG
IHG® Rewards Club
マリオット
Marriott Rewards®
Marriott Bonvoy
リッツカールトン
The Ritz-Carlton Rewards®
ハイアット
World of Hyatt®

 

次にアメックス。

 アメックス トラベルパートナー
航空会社エアリンガス
Aer Lingus AerClub
エアロメキシコAeromexico Club Premier
エアカナダAeroplan
エアフランスFlying Blue AIR FRANCE KLM
アリタリア航空Millemiglia
ANAANA Mileage Club
キャセイパシフィック航空Asia miles
アビアンカ航空Avianca Lifemiles
ブリティッシュエアウェイズ
BritishAirways Executive Club
デルタ航空Delta Skymiles
エル・アル・イスラエルEl Al Matmid Club
エミレーツEmirates Skywards
エティハド航空Etihad Guest
ハワイアン航空HawaiianMiles®
イベリアIberia Plus
ジェットブルーJetBlue TrueBlue
シンガポール航空Singapore Airlines KrisFlyer
バージンアトランティック
Virgin Atlantic Flying Club
ホテルチョイスChoice Privileges®
ヒルトンHilton Honors
スターウッドStarwood Preferred Guest

ポイント移行できるパートナーがかぶっている物も多くありますが、数でいうとアメックスに軍配が上がります。

特にANAをよく利用する人はアメックスのカードを所有している人が多いですよね。

 

でも私はANAは使わないので、どちらかというとユナイテッド航空やサウスウェスト航空にポイント移行できるChaseの方が使えそう・・・と思ったのでChaseを選びました。

Chase ポイント(URポイント)

【Chase Sapphire Reserve】か【Chase Sapphire Preferred】で悩む

Chase のポイントをトラベルパートナーに移行できるクレジットカードは以下の2枚です。

(2019年2月7日現在)

Chase Sapphire ReserveChase Sapphire Preferred
年会費450ドル95ドル
サインアップボーナス50,000 UR ポイント
*申請3か月以内に$4,000
使用すればもらえる
50,000 UR ポイント
*申請3か月以内に$4,000
使用すればもらえる
ポイントトラベル:3倍
ダイニング:3倍
その他:1倍
トラベル:2倍
ダイニング:2倍
その他:1倍
トラベルパートナー
へのポイント移行
あり(1:1)あり(1:1)
外貨為替手数料 無料 無料
その他特典トラベルでポイントを
使用時50%増
トラベルでポイントを
使用時25%増
年間300ドルの
トラベルクレジット
Global Entry or TSA Pre✓®
Fee Credit
アメリカにお住まいの方しか申請できないクレジットカードです。

 

年会費が450ドルの『Chase Sapphire Reserve』は2016年に出てきた時はサインアップボーナスがもっと多くて、巷では「今がチャンス!今すぐ Chase Sapphire Reserve をゲットしろ!」なんていう声が多かったです。

年間300ドルのトラベルクレジットも魅力的だし、グローバルエントリーもしくはTSA Precheck が無料になるのも捨てがたい・・・

でも450ドルの年会費は痛い・・・

 

と当時かなり悩みました。

 

結局私が選んだクレジットカードは「Chase Sapphire Preferred」。

初心者でいきなり450ドルのクレジットカードは敷居が高かったのと、2年目以降年会費の差額分355ドルを回収できるか自信がなかったため。

 

Chase Sapphire Preferred」を使い始めて2年以上が経ちますがこちらを選択してよかったと思います。

年に数回旅行する程度の私にはちょうどいい使いやすさです。

 

Chase (UR) ポイントを効率よく貯める方法

子カードを作る

トラベル系のクレジットカードは旅行か外食でしかポイントが貯まりにくいです。

そこでよりポイントが貯まりやすい年会費無料の「Chase Freedom」もしくは「Chase Freedom Unlimited」を持ち、貯まったポイントを親カードであるサファイア系のクレジットカードに移行するというのが王道です。

 

(ビジネスクレジットカードは考慮していません)

Chase FreedomChase Freedom Unlimited
年会費無料無料
サインアップボーナス150ドル
*申請3か月以内に$500
使用すればもらえる
150ドル
*申請3か月以内に$500使用
すればもらえる
ポイント4半期ごとに変わるカテゴリー
($1,500まで):5倍

その他:1倍
全て1.5倍
トラベルパートナー
へのポイント移行
なしなし
外貨為替手数料3%3%
アメリカにお住まいの方しか申請できないクレジットカードです。

 

「Chase Freedom」は5%カテゴリーが四半期ごとに変わり、カテゴリー内の支払をすれば1,500ドル分までポイントが5倍になります。

1,500ドルを超えた分と、その他のカテゴリーの場合は1%になります。

今期(2019年1月1日~3月31日)はガソリンスタンド、有料道路代 (Toll) 、ドラッグストアでの買い物が5%カテゴリーになります。

出典 Chase.com

5%カテゴリーで限度額ギリギリまで使うとそれだけで年間30,000ポイントが貯まります。

毎回「Activate」する必要がありますが、クリックひとつなので簡単です。

 

 

「Chase Freedom Unlimited」は何に使っても上限なしでポイントが1.5倍になるので、「Chase Freedom」の5%カテゴリー以外の買い物をするときは「Chase Freedom Unlimited」を使っている人も多いです。

 

私はあまりたくさんクレジットカードを申請したくない派なので迷うことなく5%カテゴリーのある「Chase Freedom」を選びました。

 

 

 

ショッピングポータルを使う

Chase のアカウントにログインし、「Shop through Chase®」を通してオンラインショッピングすると追加でポイントがもらえます。

たまに「Chase Freedom」と「Chase Sapphire Preferred」でキャッシュバックの%が違ってるときがあるので、2枚以上ChaseのURポイントが貯まるクレジットカードを持っている場合は念のため全てのアカウントを確認した方がいいと思います。

 

Chase → トラベルパートナーに移行する方法

  1. 自分のアカウントから「Transfer to Travel Partners 」へ行く
  2. 移行したいパートナーを選ぶ
  3. 必要事項を入力して「Continue」をクリック

私がポイント移行をしたことがあるのは「ユナイテッド航空」と「ハイアット」のみですが、どちらもすぐに移行が完了しました。

 

スポンサーリンク

まとめ

Chaseは「5/24ルール」というルールを設けているのでクレジットカード申請には少し注意が必要ですが、旅行好きな方にはChaseのサファイア系とフリーダム系クレジットカードの2枚使いはかなりおススメです。

Chase「5/24ルール」
24か月間で5枚以上クレジットカード(Chase以外のクレジットカードを含む)を作成したら、Chaseのクレジットカードはアプルーブしないというルール。
最後に私の検討した4枚のクレジットカードを比較した表を載せておきます。
どのクレジットカードを作ったらいいかお悩みな方は参考にしてみてくださいね。
親カード子カード
Sapphire Reserve

 

Sapphire Preferred

Freedom

Freedom Unlimited

年会費450ドル95ドル無料無料
サインアップボーナス50,000 UR ポイント
*申請3か月以内に$4,000
使用すればもらえる
50,000 UR ポイント
*申請3か月以内に$4,000
使用すればもらえる
150ドル
*申請3か月以内に$500
使用すればもらえる
150ドル
*申請3か月以内に$500使用
すればもらえる
ポイントトラベル:3倍
ダイニング:3倍
その他:1倍
トラベル:2倍
ダイニング:2倍
その他:1倍

4半期ごとに変わる
カテゴリー
($1,500まで):5倍

その他:1倍

全て1.5倍
トラベルパートナー
へのポイント移行
あり(1:1)あり(1:1)なしなし
外貨為替手数料 無料 無料3%3%
その他特典トラベルでポイントを
使用時50%増
トラベルでポイントを
使用時25%増
年間300ドルの
トラベルクレジット
Global Entry or
TSA Pre✓®
Fee Credit

Chase Sapphire Preferred について詳しく見てみる>>>

Chase Freedom について詳しく見てみる>>>

 

↘️ブログランキングに参加しています↙️

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

クレジットカード
スポンサーリンク
Pomをフォローする
スポンサーリンク
在米DINKsの気ままな暮らし