【アメリカ】ハワイ

【マウイ島】ハレアカラ・日の出鑑賞ツアーに参加してきた

この記事は約12分で読めます。

「マウイの観光スポットってどこ?何が有名?」

 

とマウイへ行ったことがある人に聞くと

 

「ハレアカラ山頂の日の出(もしくは日没)!!」

 

と皆さん口をそろえて言います。

 

レンタカーの値段が高騰しているのでツアーに参加しようと思ったら、どのツアー会社も1ヶ月前も前なのに売り切れもしくはキャンセル待ち。

ラッキーなことにハワイへ出発する3日前にキャンセルが出たので、なんとか日の出鑑賞ツアーの予約がとれました。

 

ハレアカラ国立公園 (Haleakalā National Park)

ハレアカラ国立公園は標高10,023フィート (3,005メートル)の休火山がある公園。

ハレアカラはハワイ語で「太陽の家」(”house of the sun”)を意味し、日の出や日没を鑑賞するのに人気なハレアカラ・ビジターセンターは標高2,969m (9,740フィート)の位置にあります。

(*2021年9月現在コロナの影響でビジターセンターは閉鎖されていますが、日の出と日没鑑賞はできます)

 

ハレアカラ国立公園
(Haleakalā National Park)
ホームページhttps://www.nps.gov/hale/index.htm
マップ

 

入園料

料金は車1台につき30ドル(*2021年9月現在)で、3日間有効です。

オートバイは1台につき25ドル、歩行者(&自転車)は1人15ドル(15歳以下は無料)。

 

最新情報はハレアカラ国立公園ホームページで確認してみてください。

 

個人で行く場合は予約が必要!(日の出オンリー)

午前3時から7時までの間に行く場合は事前予約が必要です。予約は60日前から可能で、車1台につき予約手数料は1ドルです。

 

最新情報はハレアカラ国立公園ホームページで確認してみてください。

 

ちなみに現地で食べ物、衣服、ガソリンの販売はしていないので、防寒着やガソリンの準備はしっかりとしておきましょう。

 

駐車スペースは限られており、満車になると閉まるので注意してください。

 

また、山へのエントランスから山頂までは車で約30分程度ですが、山道には街灯やガードレールはないので運転には注意が必要です。

 

ツアー料金が結構高めなので私たちもレンタカーで行くことも考えたのですが、レンタカーの値段が高騰しているのと、真っ暗闇の中慣れない山道を運転するのは危険かと思ってツアーを選びました。

 

 

日の出・日没の時間

日の出と日没の時間は以下の通りなので、山頂に行く時の参考にしてみてください。

日の出(サンライズ)日没(サンセット)
1月1日6:56 am6:00 pm
1月15日6:58 am6:10 pm
2月1日6:55 am6:21 pm
2月15日6:48 am6:29 pm
3月1日6:39 am6:35 pm
3月15日6:27 am6:40 pm
4月1日6:12 am6:49 pm
4月15日6:00 am6:49 pm
5月1日5:50 am6:55 pm
5月15日5:42 am7:01 pm
6月1日5:38 am7:08 pm
6月15日5:38 am7:12 pm
7月1日5:41 am7:16 pm
7月15日5:46 am7:15 pm
8月1日5:52 am7:09 pm
8月15日5:57 am7:01 pm
9月1日6:02 am6:49 pm
9月15日6:06 am6:33 pm
10月1日6:10 am6:19 pm
10月15日6:14 am6:06 pm
11月1日6:20 am5:55 pm
11月15日6:28 am5:49 pm
12月1日6:38 am5:47 pm
12月15日6:47 am5:50 pm

 

ツアー会社情報 Polynesian Adventure Activities

私たちの参加したのは「ポリネシアン・アドベンチャー・アクティビティーズ」というツアー会社の「Spectacular Haleakala Sunrise Tour」という朝食付きのツアーでした。

 

ツアー料金

ツアー料金は1人191ドルです。
*2021年9月現在

 

ツアー料金には入場料とクラ・ロッジ(Kula Lodge)での朝食が含まれます。

 

ツアースケジュール

  • 夏のスケジュール: 午前2時出発 午前11時30分帰着
  • 冬のスケジュール: 午前2時30分出発 午後12時帰着

ツアーのお迎えはだいたい午前2時過ぎで、帰着は昼前くらいというスケジュールですが、私たちが参加した日(8月某日)は午前10時前にはホテルに帰ってこれました。

 

 

ツアー参加の注意事項

  • 防寒着の準備はしっかりと!
  • 心疾患や呼吸器疾患のある方は参加はやめておきましょう
  • スキューバダイビングの予定がある方はツアー参加まで72時間間隔をあけましょう
  • 険しい山道を通るため、妊婦の方にはオススメしてません
  • 天候によって日の出を見れなかった場合の返金はありません
  • ホテル送迎はマウイのホテルのみで、居住地やB&Bへの送迎は行っていません

これは「ポリネシアン・アドベンチャー・アクティビティーズ」のサンライズ・ツアーの注意事項ですが、最後の2つ以外は他のツアー会社を利用する場合や、自分でレンタカーで行く場合にも気をつけた方がいい項目です。

 

まず、日の出を見ることができる山頂は夏でもかなり寒いです。かさばりますが厚手のジャケットを持参することをオススメします。

 

スポンサーリンク

ハレアカラ山頂 日の出鑑賞ツアー 当日のようす

2:30am ホテルお迎え、出発

ピックアップの場所へは午前2時に待つように指示があり、私たちの宿泊先「グランド・ワイレア(Grand Wailea, A Waldorf Astoria Resort)」にお迎えが来たのは午前2時30分でした。

*グランド・ワイレアは段階的にリノベーションを行っていてピックアップの場所が変更になる場合があるので、直前にホテルの人にピックアップ・ポイントを聞いておいた方がいいと思います。

バスの中はこんな感じ。

私は乗り物酔いの薬を飲んでいたため爆睡しよく覚えていませんが、満席ではなかったです。

 

4:30am ハレアカラ国立公園 到着

到着時は真っ暗ですが、私たちのバスが一番乗りでした。

運転手さんは駐車場から先に一緒に来ることはなく、どこに行けばいいかだけ教えてくれました。

 

実際には真っ暗で何にも見えなかったのですが、ビジターセンターを通り過ぎ、携帯の電灯を頼りに奥へ進みました。

 

実際には本当に真っ暗でこんな感じです。

凍えるほど寒いので、バスの中で5時くらいまで待つのもありかと思います。

(ベストなスポットは既にとられている可能性大ですが・・・)

 

 

6:00am ハレアカラ国立公園ビジターセンターで日の出鑑賞

寒さに震えながら日の出をひたすら待ちます。

午前5:00時くらいから徐々に明るくなっていきます。

 

5:24am

 

午前5時30分にもなると周りの人の姿が電灯なしで見え始めます。

 

5:41am

 

5:57am

やっと見れました。神々しい日の出の瞬間です。

 

雲の上から見る朝日は初めてです。

寒さに震えながら待った甲斐がありました。

 

ちなみにこの地点から更に頂上まで登ることができます。

 

これが山頂からの景色です。

このとき6時11分。

バスの出発時間までまだ時間があったので、思う存分朝日を楽しみました。

 

6:30am ハレアカラ・ビジターセンターを出発

トイレ休憩を済ませたらバスへ戻ります。

ビジターセンターは閉まっていましたが、トイレは普通に使えました。

 

バスに戻ったら朝食の注文をします。

 

 

7:30am クラ・ロッジにて朝食

午前7時半にクラ・ロッジに到着しました。

 

朝食会場はレストラン内ではなく、ここを通りすぎて外へ出ます。

 

こちらが見晴らしの良い朝食会場となります。

 

席は限られているので他のツアー参加者と相席でした。

ちなみに椅子は石かコンクリートなのでひんやり冷たく硬いです。

 

 

こちらがバスで渡された朝食メニューなのですが・・・

 

実際のレストランのメニューより種類は少なめでした。

 

ここへ到着前に注文は既に完了しているので、到着したらすぐに注文したものが出てきます。

 

ベルギーワッフル

 

ロコモコ

 

紙皿でなんだかチープな感じで、味はどちらも普通でした。

1人1杯ドリンクをもらえますが、コーヒー、紅茶、ココア、ジュースのみでおかわりはなし。

 

これだったら朝食なしでホテルへ送ってほしいと感じました。

 

 

「食べ終わった方はガーデンを見学してもらっていいですよ」

「(意訳:食べ終わったなら出て行ってね)」

 

とウェイトレスに言われたので全員がガーデンに向かい、レストランを後にしました。

 

サービスが必要最低限だったからか、誰もチップを置いている人はいなかったです。

 

出発の時間まで時間があったので、すぐ隣にある「クラ・マーケットプレイス」で時間をつぶしました。

 

店内はハワイのお土産物がたくさん売っていました。

 

8:30am クラ・ロッジ出発

全員がバスへ戻ったところでクラ・ロッジを後にし、それぞれのホテルへ戻りました。

 

9:40am ホテル到着

それぞれのホテルへは順番に回るのですが、私たちの宿泊先「グランド・ワイレア」に到着したのは午前9時40分でした。

 

 

本当に必要最低限のサービスだったので、運転手にチップを渡しているのは半々といったところでした。

我が家は一応10ドルくらい渡しておきましたが、正直サービスの内容からいってチップは払わなくてもいいかなと思いました。

 

他のツアー会社の運転手さんは運転手兼ガイドといった感じで、山頂でも参加者と一緒に日の出を鑑賞し、その際に豆知識など共有したりしていたみたいでもっと楽しそうでした。

きちんと「ガイド」もしてほしいという方は他のツアー会社を利用した方がいいと思います。(日本の会社とか)

 

ハレアカラ・日の出鑑賞ツアー まとめ

雲の上から見る日の出は感動的で、寒さに震えながら耐えた甲斐がありました。

中には日の出鑑賞の後、自転車で下山するというツアーに参加している人もいました。(タフですね)

 

他のツアー会社の日の出鑑賞ツアーでも朝食が含まれるツアーがほとんどですが、レストラン「クラロッジ」のクオリティーは高いとは言えないので、個人的にはスキップしてほしかったです。

 

また天候が悪くて朝日が見えなくても私たちの参加したツアーは返金されないので、レンタカーを利用して自分たちで山頂まで行くのもありかと思います。

 

個人で行く場合の注意点はこちら(↓)

  • コロナの影響で2021年9月現在ビジターセンターは閉鎖中
  • 個人で行く場合は予約が必要!(日の出オンリー)
  • 食べ物、衣服、ガソリンの販売はなし
  • 山道には街灯やガードレールはないので運転には注意が必要
  • 山へのエントランスから山頂までは車で約30分
  • 駐車場は満杯になると閉鎖される

 

私たちが訪れた時期(2021年8月)はレンタカー代が高騰していたのでツアーに参加したのですが、通常料金に戻ったら自力で山頂まで行くことを選ぶかもしれません。

(夜の山道は心配ですけどね・・・)

 

 

ホテルのレビューはこちら(↓)

【グランド・ワイレア宿泊記】家族連れにオススメ!マウイの高級リゾート(Grand Wailea, A Waldorf Astoria Resort)

【マウイ島】グランド・ワイレア・ホテルのバー&レストランをご紹介

子供にも大人にも大人気!グランド・ワイレアのプールを徹底解説

 

その他マウイでの観光・スノーケリング体験記はこちら(↓)

【マウイ島】ウミガメに会えた!ワイレアビーチでスノーケリング

【モロキニ島】まさかの波酔い!スノーケリング体験記

マウイ旅行で食費節約!グランド・ワイレアホテル近くのスーパー「Island Gourmet Markets」

【マウイ島】ワイレアのショッピングモール!ザ・ショップス・アット・ワイレア

【マウイ島】ワイレア・ビーチの遊歩道を散歩がてらスタバにも行ってみた。

 

空港ホテル間シャトルバスとUber体験記はこちら(↓)

【マウイ島】空港ホテル間シャトルバスが最悪で結局Uberを使った話。

空港レビューはこちら(↓)

【カフルイ空港 】プライオリティー・パスで使えるラウンジご紹介