【アメリカ】ハワイ

【マウイ島】空港ホテル間シャトルバスが最悪で結局Uberを使った話。

この記事は約7分で読めます。

8月に5泊6日でマウイ島に行ってきたのですが、現地ではレンタカー代が高騰していることもあり、ツアー会社やUberを利用し乗り切りました。

 

カフルイ空港(OGG)から宿泊先の「グランド・ワイレア」までは送迎シャトルサービスを使ったのですが、これが非常によろしくないサービスで、往復予約をしたものの復路はキャンセルをしてUberを使うほどでした。

 

今回は私たちの利用した空港シャトルサービスとUberを比較しつつ、当日の体験を共有したいと思います。

 

カフルイ空港からホテルへの交通手段

レンタカー

まずは一番に考えたのがレンタカーなのですが、現在ハワイだけでなくアメリカ全土でレンタカー不足のためレンタカー料金が高騰しています。

 

私たちの滞在時期はセダンでも1日130ドルくらいで、ホテルの駐車料金も1日65ドルだったため、レンタカーは諦めました。

 

 

シャトルバス:SpeediShuttle

私たちが予約したのは「スピーディ・シャトル(SpeediShuttle)」という会社の空港送迎サービス。

マウイ島だけでなく、オアフ島のワイキキ、カウアイ島、ハワイ島でも営業しているみたいです。

 

 

カフルイ空港から私たちの宿泊先「グランド・ワイレア」まで2名で片道54.45ドル(税込)でした。

ただしこの料金は乗り合いなので、他にお客さんがいる場合は近いホテルから順番に降ろされるので時間がかかる場合があります。

 

 

タクシー

カフルイ空港のホームページによると、空港からワイレア地区までは約60ドルのようです。

チップを含めると70ドル程度といったところでしょうか。

  • カナアパリ(Kaanapali) $87
  • カフルイ・タウン(Kahului Town)$13
  • カパルア(Kapalua) $105
  • キヘイ(Kihei) $33-$55
  • ラハイナ(Lahaina) $78
  • マアラエア(Maalea)$33
  • マケーナ(Makena)$65
  • ワイレア(Wailea) $57
  • ワイルク(Wailuku) $20

*1マイルごとに3.00ドル

 

このタクシーサービスは先にご紹介した「スピーディ・シャトル(SpeediShuttle)」が運営しているようです。

 

ウーバー(Uber)

料金はUberの需要や道路の混雑状況によって変動するのでなんとも言えませんが、私たちがチェックしたときは「UberX」が56ドルでした。

*UberXはセダンタイプのため、スーツケースの大きさや個数によっては大型車「UberXL」を選択した方がいいかと思いますが、そうなると料金も高くなりタクシーと変わらないくらいになるかもしれません。

 

私たちは往復ともにUberを利用しようと思っていたのですが、2021年8月はハワイへ行く旅行客がかなり多かったため、需要が多すぎてつかまらないかも・・・と思いシャトルバスを予約したのでした。

 

当日:スピーディ・シャトル 空港ピックアップ

ここからは「スピーディ・シャトル」のシャトルバスの当日のようすです。

空港到着後、送迎サービスのチェックインします。

 

が、私たちはチェックインする場所が分からず、とりあえずピックアップ場所を先に見つけたんです。

10分ほど車のすぐそばに立って待っているのにスタッフは私たちを完全に無視。

他のお客さんは次々にバンに乗っていくのにおかしいと思い、こちらからスタッフに聞きました。

すると

「チェックインデスクで先にチェックインしてきて」

とのこと。

 

 

来た道を戻ったらありました、チェックイン用のデスク。

 

「でも車のそばでずっと待ってるんだから気づいてくれてもよかったのに・・・」

 

と思いつつチェックイン完了。

チェックインデスクのスタッフはとてもフレンドリーでした。

 

 

チェックイン後早速バンに乗り込み、ホテルへ向かいます。

乗り合いの送迎サービスなので、他にも2グループが乗っていました。

 

ここで問題2。

 

エアコンがついてない!!

8月のハワイですよ?しかも午後ですよ?

車内は完全に蒸し風呂状態でしたよ。

他のお客さんも暑さに耐えきれず、小声で「旅行会社にクレーム入れる」と言っていました。

 

そして暑いまま30分ほどしてから1組目のグループをドロップオフ。

 

 

この後、問題3が発生。

とあるホテルの駐車場に入り、ホテルを間違えたことに気がついたのかすぐに出たのですが、説明もなしに走り続けるドライバー。

通り道でもなくこのホテルに来るために遠回りしたため、この間違いのおかげで10分ロスしたんです。

既に暑い車内で30分以上も我慢しているので、他のお客さんもイライラしていました。

(先に別のホテルで降りていったのですが、その際「グッドラック(Good Luck)」って言われました(笑))

 

その後2組目のお客さんを降ろして私たちのホテルへ到着したんですが、結局カフルイ空港からホテルまでかかった時間は

1時間。

 

本来ならなんとも思わなかったと思いますが、

 

ハワイ行きの飛行機が2時間の遅延(これは送迎バスとは無関係)

ピックアップ場所で待っているのに無視される

暑い車内で1時間も過ごす羽目になる(汗だく)

ルートを間違えたことによる説明や謝罪はなし

 

という悪条件が重なって最悪なハワイ旅行の幕開けとなったのでした。

 

行きの経験がこんな感じだったため、帰りは予約はキャンセルしてUberを使うことにしたのでした。(キャンセルは2時間前まで無料)

 

スポンサーリンク

Uberとシャトルバス:価格・所要時間 比較

ではここで今回使ったシャトルバスとUberを比較してみます。

ちなみにカフルイ空港からワイレア地区までは車で30分の距離です。

 

SpeediShuttle
(シャトルバス)
  Uber   
料金(片道)54.45ドル56.34ドル
かかった時間1時間30分
途中ストップ2回なし

値段は2ドルほどしか変わらないのに、Uberの方がエアコンも効いているし圧倒的に快適で、しかも半分の時間で到着しました。

 

この結果だけ見ると断然Uberをオススメするのですが、Uberは需要や車のクラスによって金額が変わるので注意が必要です。

また、タイミングよくドライバーを見つけられる保証はないため、Uberを使う場合は時間に余裕を持った方がいいかと思います。

 

 

最後に

この記事を書くにあたり「スピーディ・シャトル(SpeediShuttle)」の最近のレビューを見てみたのですが、星1つが圧倒的に多かったです。

しかも「迎えに来なかった!!」と怒っているレビューが多く、復路はキャンセルしてUberを使ってよかったと今更ながら思います。

 

ホテルのレビューはこちら(↓)

【グランド・ワイレア宿泊記】家族連れにオススメ!マウイの高級リゾート(Grand Wailea, A Waldorf Astoria Resort)

【マウイ島】グランド・ワイレア・ホテルのバー&レストランをご紹介

子供にも大人にも大人気!グランド・ワイレアのプールを徹底解説

 

その他マウイでの観光・スノーケリング体験記はこちら(↓)

【マウイ島】ウミガメに会えた!ワイレアビーチでスノーケリング

【マウイ島】ハレアカラ・日の出鑑賞ツアーに参加してきた

【モロキニ島】まさかの波酔い!スノーケリング体験記

マウイ旅行で食費節約!グランド・ワイレアホテル近くのスーパー「Island Gourmet Markets」

【マウイ島】ワイレアのショッピングモール!ザ・ショップス・アット・ワイレア

【マウイ島】ワイレア・ビーチの遊歩道を散歩がてらスタバにも行ってみた。