【アメリカ】テキサス

【オースティン】おすすめ!ウォッカのテイスティングルーム:ディープ・エディー

この記事は約5分で読めます。

テキサス州オースティン産のウォッカといえば「Tito’s Handmade Vodka」が有名だと思います。

出典「https://www.titosvodka.com/」

 

 

ところがもうひとつ、「ディープエディー(Deep Eddy Vodka)」というウォッカもアメリカ国内の色んなバーや酒屋で見かける意外にも人気なブランドなんです。

(サンディエゴでも見かけたし)

 

そんなディープエディー・ウォッカのテイスティング・ルームがオースティン近郊にあると知り、ウキウキで行ってきました。

 

ディープエディー・ウォッカ・テイスティング・ルーム (Deep Eddy Vodka Tasting Room):基本情報

ディープエディー・ウォッカ・テイスティング・ルームはその名の通り、色んなフレーバーのウォッカを試し飲みできるテイスティング・ルーム。

テキサス州オースティンから車で40分ほどの距離にあります。

 

週末は午後になると満席になるくらいかなり人気なのですが、駐車スペースに限りがあるので、できれば午前中に行くことをオススメします。

 

当日外にフードトラックや店内にスナックを売っていない場合は食べ物を持ち込んでもOKなのですが、販売している場合は持ち込み禁止となります。

私たちが行った日もたまたま店内で「Artessano」というコロンビア料理のお店が軽食を提供していたので持ち込み不可でした。

(食べ物があるか分からなかったので、念のためスナックを持って行ったら入り口で断られました)

とはいえ誕生日ケーキとかカップケーキの持ち込みはOKのようですよ。

 

Deep Eddy Vodka Tasting Room
住所2250 US-290, Dripping Springs, TX 78620
営業時間月〜水曜日:定休日
木〜土曜日:11時00分~17時00分
日曜日:12時00分~17時00分
ホームページhttps://deepeddyvodka.com
マップ

 

 

メニュー

出典「https://deepeddyvodka.com/tasting-room/」

メニューはいたってシンプル。

4種のウォッカをストレートでいただくフライトかカクテルを選びます。

 

 

フライトの場合はこの中から4つを選びます。

  • スイートティー
  • オリジナル
  • ルビーレッド
  • クランベリー
  • レモン
  • ピーチ
  • オレンジ
  • ライム

 

カクテルの場合は小さいコップが8ドル、ガラスの瓶が12ドルです。

ガラス瓶の方は持って帰れるのでお土産にもなりますよ。

 

欲しいものが決まったらカウンターで注文します。

 

 

フライト(4種) 10ドル
カクテル 12ドル

*価格は2021年7月現在

夫のおすすめはレモン味だそうです。

 

私のカクテルはウォッカ(レモン)、パイナップルジュース、レモンライム・ソーダ、ソーダ水とミントが入った「バハマ・ベティー(Bahama Betty)」。

夏にぴったりな爽やかなお味でとても美味しかったです。

 

こちらがたまたまこの日に出店していた「Artessano」のチップス。

 

テイスティング・ルーム

1階(暖炉のある部屋)

こちらは入ってすぐのお部屋。

冬だと暖炉の席が人気となりそうです。

 

ソファー席もあります。

 

パーティールーム(半地下)

こちらは半分地下にあるだだっ広いパーティールーム。

ここでバッチェラーパーティーや誕生日パーティーを開く人も多いみたいです。

 

ここではフローズンな飲み物も注文できます。(名前は忘れた・・・)

確か12ドルくらいですが、カクテルよりウォッカの味が薄めだったのでオススメはしないかな・・・アルコールの味があんまり好きじゃない方にはいいかも。

 

カウンター席もあり。

 

コロナで席数が減っているようですが、コロナが収まったらもっと席数は増えるんじゃないかなと予想します。

意外なことにこのテイスティング・ルームは子連れファミリーもたくさん来ていました。

もちろん21歳以下の人はアルコールは飲めませんが、ベビーカーを押して来ている人もいたので赤ちゃん連れの人にも行きやすい環境になっています。

 

パティオ

外にも席はあり、パティオではワンちゃんの連れ込みもOKです。

巨大なジェンガや、豆の入った袋を板の穴に入れる「Bean Bag Toss」用のセットもあるのでお子さんも楽しめるエリアになっています。

 

 

ギフトショップ

店内入り口付近にはギフトショップもあり、ディープエディーのグッズを購入することができます。

 

 

 

 

最後に

飲み終わったガラス瓶は持って帰って自宅でも使っています(笑)

ディープエディーのウォッカは近所の酒屋で購入し、お家でカクテルを作るのが我が家のこの夏の楽しみとなりました。