スポンサーリンク

シアトルのIHGブティックホテル【Kimpton Monaco Seattle】宿泊記

この記事は約7分で読めます。

5月某日シアトルに3泊4日で行ってきました。

 

シアトルでは2つのホテルに滞在。

1〜2泊目はIHG系列の「キンプトン ホテル モナコ シアトル」を、3泊目はハイアット系列の「トンプソン・シアトル」を選びました。

どちらのホテルもシアトルのダウンタウンにあるので観光にはピッタリの立地です。

 

アメリカではコロナワクチンの接種率も上がってきて、旅行者数はコロナ前の水準に戻ってるかなという印象でした。それでもシアトルではマスク着用が義務付けられているので、レストラン等でも不安になるという事はありませんでしたよ。

 

キンプトン ホテル モナコ シアトル (Kimpton Hotel Monaco Seattle) 基本情報

アクセス

シアトル・タコマ国際空港から車で約30分程度ですが、シアトルでは公共機関が発達しているので電車利用がおすすめです。

【リンク・ライトレール】シアトル ・タコマ国際空港からダウンタウンへ行く方法
シアトル・タコマ国際空港では「電車」、「バス」、「チャーターバス」など色々な公共機関が充実しているのですが、ダウンタウン・シアトル へ行くのなら「Link Light Rail」と呼ばれる電車が一番安くて便利です。 リンク・ライト...

シアトル・タコマ国際空港から「Link Light Rail」に乗って、「University Street Station」駅まで約35分。そこから徒歩で約3分ほどで着きます。

料金は1人片道3ドルと安いです。

 

車で行く場合、ホテルの駐車場はValetオンリーで49ドル(プラスTAX)です。

Kimpton Hotel Monaco Seattle
住所1101 4th Ave, Seattle, WA 98101
アクセスシアトル・タコマ国際空港から車で約20〜25分
電車で約40分
チェックイン15:00
チェックアウト12:00
マップ

 

 

チェックインまで

こちらは広々としたフロントデスク。

コロナ禍の現在スタッフも全員マスク着用してました。

 

ウェルカムポイント(600ポイント)については何も言われませんでしたが、チェックイン後すぐにアカウントに付与されていました。

 

IHGのプラチナ会員のためお部屋をアップグレードしてくれたらしく、高層階の10階でした。「プレミア・フロア(Premier Floor) 10」とありますが、一番右のエレベーターは高層階の10〜12階まで一気に上がれます。

コロナ対策としてハンドサニタイザーも各階に設置されていました。

 

 

スポンサーリンク

お部屋のようす

プレミアム・フロアー10階で降りてお部屋へ向かいます。

 

バスルーム

入ってすぐ右がバスルーム。

 

シンクはひとつでした。

 

 

バスタブはあったんですが、2〜3つ星ホテルのホリデーインを思い出す浅くてなんだか古い感じ・・・

アメニティーはいつものKimptonと同じもの。

 

ヘアドライヤーもホリデーインのような安っぽいもの。

あんまり高級感なしですね。

 

ベッドルーム

部屋はそんなに広くはないですが、ほとんど観光のため外出していたので全く問題はなし。

 

冷蔵庫はコロナの影響か空っぽでした。

 

コーヒーメーカー。

キンプトンはフロントで毎朝コーヒーが用意されるため、お部屋にコーヒーメーカーがあるのは珍しいです。

 

 

クローゼットもありますよ。

ヨガマット、金庫、アイロン、そして傘も用意されています。

シアトルは雨が多いので助かると思います。

 

 

お部屋からの景色(図書館ビュー)

10階なので絶景というわけではないですが、ユニークな建築様式で有名なシアトル公立中央図書館が見えます。

 

夜はこんな感じ。

 

 

その他アメニティー

ワイン(無料)アワー 17:00 ~ 18:00

キンプトンホテルではワインアワーがあって、フロントで1時間だけ無料でワイン(赤・白)が振る舞われます。(フロントに言うと注いでくれます)

 

私たちは赤も白もどちらもいただきました。

もちろん高級ワインではないですが、普通においしかったですよ。

 

 

フィットネス・センター

フィットネスセンターは地下にあり、宿泊客は無料で利用可能ですが、コロナ禍の現在フロントで予約する必要があります。

 

ジム自体は小さめですが、アメリカで人気のなかなか高級なエクササイズ・バイクPeloton (ペロトン)もありました。

 

 

 

コンビニ(Bodega)

うっかり写真を撮り忘れたのですが、フロントの奥に小さな売店があり、お水やお土産品などを購入できます。

ちなみにこのホテルは宿泊料金とは別に「アメニティーフィー」として1泊につき22ドル請求されるのですが、この売店で使える15ドルのクレジットがついてきます。

最後の精算時に合計金額から引かれます。

 

他にもペットボトルの水をもらえたり、レストランでの15ドルクレジットがもらえたりしますが、チェックイン時に何の説明もなかったのでテキスト(携帯メッセージ)で聞いたら教えてくれました。

 

2021年5月現在のものですが、売店のメニューを載せておきます。

15ドルクレジット利用の参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

料金

私たちが宿泊した日のクイーンベッドルーム(Monaco Queen Room With 1 Queen Bed)のレートはこんな感じ。

1泊目:189ドル
2泊目:199ドル

2泊目は「インターコンチネンタル・アンバサダー会員特典」であるウィークエンド無料宿泊券を利用したため無料。

したがって1泊分プラス税金の$220.69と、アメニティーフィードル25.46の合計246.15ドルをチェックアウト時に支払いました。

 

ちなみにアップグレードされた「Premier Queen Room With 1 Queen Bed」は10ドルほどアップのようです。低層階ではなく10階になっただけですが・・・。

 

【2019年版】インターコンチネンタル・アンバサダー レビュー
IHGの中でも最も高級なホテルインターコンチネンタルには有料(年間200ドル)で上級会員になれる制度があります。 それがインターコンチネンタル・アンバサダー。 2018年末頃にプログラムの改定が発表され、改定が開始される3月にな...
【インターコンチネンタル・アンバサダー】ウィークエンド無料宿泊の予約の仕方
インターコンチネンタルには有料でステータスを手に入れることができるというユニークな制度「インターコンチネンタル・アンバサダー」があります。 その「インターコンチネンタル・アンバサダー」の特典がこちら。 ...

 

まとめ

やはりコロナの影響かシアトルのダウンタウンにしては宿泊費が安く抑えられたなぁという印象です。

お部屋には特にラグジュアリー感はありませんでしたが、ロビーはとても素敵で立地は観光にぴったりだと思います。

 

シアトル観光についてはこちら(↓)

シアトル近郊ウッディンビル(Woodinville)でワイナリー巡り
ワイナリーといえばカリフォルニアにあるナパ・ワイナリーが有名ですが、シアトルのあるワシントン州は全米2位の生産量を誇るワインの産地でもあるんです。 うちでは自宅でワインをたまに飲むのですが、知らずにワシントン産のワインを買っていたりし...
【シアトル観光①】一番人気!パイク・プレイス・マーケット(Pike Place Market)
シアトル観光といえばまずここでしょう、「パイク・プレイス・マーケット」。 食べるところもたくさんあるし、常に観光客でごった返しているシアトルの代表的な市場です。 朝早くから開いているので、効率よく観光したい方はここから始めるのが...
【シアトル観光②】ベインブリッジ・アイランド半日観光
私たち夫婦は2014年にもシアトルに来たことがあるのですが、今回のシアトル旅行でもう一度訪れたかったのがシアトルからフェリーで約35分の距離にある島「ベインブリッジ・アイランド」。 ワイナリーやショップが並ぶメインストリート、ヨットハ...
【シアトル観光③】スターバックス・リザーブ・ロースタリーで朝食を。
シアトルといえばスターバックス生誕の地ということで、街中スタバだらけといっても過言ではないくらいスタバがたくさんあります。 その中でも「スタバ1号店」と「スターバックス・リザーブ・ロースタリー」は特別で、たくさんの観光客が足を運ぶ場所...
【シアトル観光④】ケリーパークからシアトル を一望!グレイズアナトミーの家も。
シアトルといえばスペース・ニードルですが、そのスペース・ニードルから車で10分(徒歩20分)ほどの距離に、シアトルの街を一望できる「ケリーパーク(Kerry Park)」という公園があります。 その近くにはユニーク...
【シアトル観光⑤】ワシントン・パーク植物園とシアトル日本庭園散策。
ダウンタウン・シアトルからは少し遠いのですが、シアトル にはトレイルを楽しめるワシントンパーク植物園と、その中には美しい日本庭園があります。 アメリカ西海岸最古の名門州立大学、ワシントン大学(University of Was...

 

 

 

↘️ブログランキングに参加しています↙️

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
【アメリカ】ワシントン
在米DINKsの気ままな暮らし