スポンサーリンク

【2020 WDW】ディズニーマラソン体験記。遅延・炎天下のなか完走!

この記事は約9分で読めます。

毎年1月に開催されるフロリダディズニーのディズニーマラソン。

今年は約14,000人が参加し、私の夫も挑戦してきました。

 

開始時間が遅れたり、例年以上に気温が上昇しコース変更(縮小)があったりとハプニング続きのマラソンでしたが、夫自身はとても楽しんだようでした。

「写真いっぱい撮ってきて!」とお願いしたので、ランナー目線のディズニーマラソン記をお届けしたいと思います。

 

【2020 WDW】応援者目線のディズニーマラソン記。
夫がディズニーマラソンに参加したんですが、私も早起きして応援に行ってきましたよ。 ディズニーチア・スクワッド(ChEAR Squad)パッケージの購入も考えたのですが、値段が高い・・・ということで普通に応援してきました...

 

スポンサーリンク

2020年ディズニーマラソン コースマップ

2020年は例年のコースから少し変更があったようですが、エプコットから始まりエプコットで終わるというのは同じようです。

 

エプコット駐車場付近

マジックキングダム

アニマルキングダム

ブリザードビーチ(ウォーターパーク)

ハリウッドスタジオ

エプコット

エプコット(駐車場)

 

夫いわく、エプコットからマジックキングダム 、またマジックキングダム からアニマルキングダム までの道のりが長くて退屈だったそうです(笑)

 

 

2020年ディズニーマラソン:会場まで大渋滞

マラソンの開始時間は午前5時。

私たちの宿泊ホテル(ディズニーポップセンチュリーリゾート)からももちろん送迎バスが出ていまして、夫は午前3時過ぎにホテルを出ました。

 

【2020 WDW】ポップ・センチュリーリゾート宿泊レビュー
フロリダにあるディズニーワールドにはたくさんオフィシャルホテルがあるのですが、ホテルのレベルによって値段はピンキリ。 大きく5種類のカテゴリーに分かれます。 デラックスヴィラ(Deluxe Villas) – $...

 

こちらがそのバス。

 

 

10分程度で到着する予定が、まさかの大渋滞。

なんと到着まで1時間半もかかったそうです。

 

 

ハリウッドスタジオの新しいアトラクション「ライズ・オブ・ザ・レジスタンス(Rise of the Resistance)」がオープンしたことで、ハリウッドスタジオの開園時間が朝7時になったことに起因するという噂もありましたが、本当のところは分かりません。

例年はこんなに大渋滞になることはないそうです。

 

【2020 WDW】スターウォーズの新アトラクション「Rise of the Resistance」に乗ってきた!
フロリダにあるディズニーワールドに行ってきました。 4つあるパークのうち「ハリウッドスタジオ(Hollywood Studios)」には2019年夏に新たにスターウォーズランド「Galaxy’s Edge」がオープンしまし...

 

エプコット駐車場のすぐ外の道路がマラソン開始地点となるので、バスから降りるのもエプコットの駐車場です。

 

 

近くで降ろしてくれるとはいえ、ディズニーの駐車場は広いです。

「スタート時間に遅れる!」と心配した夫は、ここで全力疾走したそうです。

(レース前にかわいそうに・・・)

 

こんなにたくさん人がいるので迷うことはなさそうです。

 

 

スポンサーリンク

2020年ディズニーマラソン:スタートからゴールまで

スタート時間15分前に到着にした夫。

すでに他のランナーでいっぱいでした。

 

ところが予定の5時を過ぎても一向に始まりません。

道路の大渋滞のおかげで遅刻者が続出し、スタート時間を15分ほど遅らせたそうです。

 

とはいえ花火も上がり、

 

ミッキーやミニーも登場し、

 

待ち時間もランナーを楽しませてくれたようです。

 

ではようやくスタートです。

 

ディズニーマラソンの面白いのが、コースのあちこちにキャラクターが待機していて、ランナーは写真を撮るために走るのをやめて列を作って待つという(笑)

本気で走る人ももちろんいますが、大多数はこれを目当てにマラソンに参加するようです。

 

まずはエプコットの中を突っ切ります。

 

途中で1マイルごとに「今〇〇マイルだよ!」とディズニーキャラクター付の掲示板が教えてくれます。

 

 

エプコットからマジックキングダム までの長い長い道のりをひたすら走ると・・・

 

 

はい、シンデレラ城が見えてきました。

 

 

シンデレラ城にどんどん近づきます。

シンデレラ城の目の前で応援しているのはお金を払った「チア・スクワッド(応援団)」かと思います。

 

*チア・スクワッド(ChEAR Squad)については「【2020 WDW】応援者目線のディズニーマラソン記。」で説明しています。

 

 

神秘的なシンデレラ城をくぐったらマジックキングダム を後にします。

 

マジックキングダム の後はアニマルキングダム に向かいます。

 

この道のりがまた長く・・・

 

まだまだ。

 

ほんとにまだまだ。

 

キャラクターが途中にいるとはいえ、普通の道をひたすら走り続けます。

 

 

 

はい、アニマルキングダム に到着。

「エクスペディション・エベレスト」の山を横目にアニマルキングダム 縦断です。

残念ながらあまりいい写真がなかったのでアニマルキングダム はこれで終了。

 

 

では次にブリザードビーチを目指します。

 

朝日を浴びながらどんどん進みます。

 

給水ポイントはたくさんあるので、ここでしっかり水分補給。

この日は朝でも20度超えで、お昼前には28度になっていたほどの真夏日でした。

ニュースによると「記録的な猛暑」だったそうです。

私の夫はもうこのへんでバテバテ・・・。

 

ブリザードビーチが見えてきました〜。

アニマルキングダム からは比較的近いです。

 

聞いた話によると、途中から気温が上がり過ぎたためにここのコースがカットされてなくなり、2マイルほど短くなったそうです。

とはいえコースが改修されたのはお昼頃なので、ほとんどのランナーは通過した後だったようです。

Disney’s Marathon Weekend melts into the record books | Inside the Magic
The 27th annual Walt Disney World Marathon concluded another successful Walt Disney World Marathon weekend. 14,106 runners and walkers braved the heat and humid...

 

ブリサードビーチの後はハリウッドスタジオを目指します。

 

やっぱりパーク内を走る方が楽しいですよね。

この頃にはすでにパークも開いていて、一般客も応援できるようになっていたようです。(この日のパーク開園は午前7時)

 

ハリウッドスタジオを出たあとはエプコットに向かいます。

 

ボードウォークまで来たらあと少しです!

 

エプコットに到着しました。

 

と思ったらまた外?あれ?

 

ここは2021年オープン予定のローラーコースター「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:コスミック・リワインド(Guardians of the Galaxy: Cosmic Rewind)」が建設中の裏側。

(新型コロナウィルスの影響で建設停止中のようなのでオープンは延期になるでしょうね・・・)

 

 

ようやく長かった42.195キロ(26.2マイル)を走りきってフィニッシュ。

 

 

残念ながら走りきった後すぐには再会できないので、そのまま進んで飲み物や記念品を受け取ります。

 

大量のドリンク。

 

記念のメダルやミッキーハットももらえますよ。

 

こちらがその戦利品。

 

中にはスナックがいっぱい。

42キロ以上も走ったんで夫は早速がっついてました(笑)

 

メダルは片面がミニーで、もう片面がミッキーになっています。

 

 

エプコットの駐車場で休憩中のランナー達。

みなさんお疲れ様でした。

 

便利なことにゴールのすぐ近くにホテルへのバスが発着しているので、疲れたらそのままホテルに帰って休むことも可能です。

 

【警告】ディズニーマラソン:バルーンレディー

余談ですが、ディズニーマラソンには「バルーンレディー(Balloon Ladies)」という風船を持ったおばさん集団が存在し、人々を恐怖に落とし入れるという噂です。

 

・・・というのは冗談で、彼女達は最後尾を1マイル16分間隔で歩くのですが、自分がそのペースにも着いていけない場合、脱落者としてバスでゴールまで強制送還させられます。

 

残念ながら私たちは目撃できなかったのですが、あまりにキャラクターと写真を撮るのに時間をとられていると、風船を持った「バルーンレディー」により失格にさせられるのでご注意を!

 

スポンサーリンク

まとめ

思いもよらない真夏日でバテバテの夫でしたが、参加して良かったそうです。

マラソン以外にも5キロ、10キロ、ハーフマラソンがあり、どのレースの完走者もメダルを着けたままパーク内で遊んでいましたが、ディズニーキャストメンバーやそのへんの知らない人は、メダルを見ると「おめでとう!!」と声をかえてくれるのがアメリカらしいなと思いました。

 

2021年は新型コロナウィルスがどうなっているのか分かりませんが、今のところ開催予定のようです。興味のある方は公式サイトで確認してみてくださいね。

 

 

↘️ブログランキングに参加しています↙️

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

【アメリカ】フロリダ
スポンサーリンク
Pomをフォローする
スポンサーリンク
在米DINKsの気ままな暮らし