スポンサーリンク

【2020 WDW】マジックキングダム攻略法:人気のアトラクションをご紹介

この記事は約11分で読めます。

フロリダのディズニーワールドには4つのテーマパークと2つのウォーターパークがあります。

今回私たちは1月だったということもあり、ウォーターパーク以外の4つのパークに行ってきました。

今日はその中のひとつ、マジックキングダムをご紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

マジックキングダム:基本情報

マジックキングダムはウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートと共に、1971年10月1日に開園しました。

シンボルは中央に位置するシンデレラ城。1983年4月15日に開園した東京ディズニーランドのモデルにもなっていて、アトラクションやショップなども類似した点が多いです。

6つのテーマランドから成っています。

出典「https://www.wdwinfo.com/」

 

 

マジックキングダム:パーク入場まで

私たちが訪れた日のマジックキングダムは、ディズニーホテル宿泊客だけが入れるエキストラ・マジックアワーの日で朝8時開園でした。

エキストラ・マジックアワーのカレンダーはこちら

 

宿泊先の「ポップ・センチュリーリゾート」からは無料のシャトルバスで行きました。

ホテルからバスに乗ったのが6時50分、マジックキングダム到着は7時5分頃でした。

 

 

7時40分頃にはすでにこの混みよう。

 

 

でも8時の開園を待たずして、すぐに入ることができました。

マジックバンドもしくはチケットをかざして、指紋をとったら入園です!

 

ちなみに1月上旬はまだクリスマスツリーが飾られていました。

(皆さんツリーには目もくれずに一目散にアトラクションを目指しますが・・・)

 

スポンサーリンク

マジックキングダム:エキストラマジックアワー

「エキストラ・マジックアワー」を利用して朝8時の開園を待たずにマジックキングダムに入ったわけですが、このように皆さんかなりの早歩きでアトラクションを目指します。

この時点で朝の7時47分。

 

マジックキングダムのモーニング・エキストラ・マジックアワーは「ファンタジーランド」と「トゥモローランド」のみアトラクションを楽しめます。

 

 

というわけで朝8時まで、ゲストは上の2つのポイントでオープンを待つことになります。

スペースマウンテンに朝一で乗りたい人は東側ポイント、七人のこびとのマイントレインを目指す人は北東側のポイントで待つといいです。

 

こちらはその時の北東ポイントの様子(私たちの後ろ)。朝7時51分です。

開園10分前で既にこの状態なので、パークにはできるだけ早く到着した方がいいですね。

 

マジックキングダム:6つのテーマランド

ファンタジーランド(Fantasy Land)

 ファンタジーランドはおとぎの世界がモチーフ。「イッツ・ア・スモールワールド」などの他、「ピーターパン空の旅」、「プーさんの冒険」などディズニー映画をテーマにした多くのアトラクションがあり、中世ヨーロッパのフェスティバルをテーマにした建物が並びます。マジック・キングダムのシンボルであるシンデレラ城はここにありますよ。

 

七人のこびとのマイントレイン(Seven Dwarfs Mine Train)

私たちが最初に乗ったアトラクションがこちら、2014年にオープンした比較的新しいライド「七人のこびとのマイントレイン」です。

 

こんなトロッコ型のライドに乗って、こびとたちがダイヤモンドを採掘している坑道の中を通り抜けるという設定です。

 

出典「https://disneyparks.disney.go.com」

高いところから降下するということもなく、小さいお子さんでも楽しめる子供向けの乗り物ではありますが、大人気のため常に待ち時間は2〜3時間でした。

 

私たちはオープンと同時に入り待ち時間は10分でしたが、降りた後に通り過ぎるとすでに待ち時間は55分となっていました。このとき朝の8時15分です。

できればファーストパスをゲットした方がよさそうです。

 

マッド・ティー・パーティー(Mad Tea Party)

こちらは遊園地の定番、ティーカップ「マッド・ティー・パーティー」。

待ち時間は比較的短いです。

 

 

トゥモローランド(Tomorrowland)

もうひとつのエクストラ・マジックアワーで利用できるトゥモローランドは最先端の近未来がモチーフのテーマランドです。「スペース・マウンテン」や「バズ・ライトイヤーのスペースレンジャースピン」などのアトラクションがあります。

 

スペースマウンテン(Space Mountain)

スペースマウンテンは東京ディズニーランドにもあるのでご存知の方も多いですよね。

マジックキングダムのスペースマウンテンは縦1列に4人が乗って、宇宙空間を飛行しているように感じられるよう真っ暗闇の中を大疾走する乗り物なのですが、よく故障します。

 

 

私たちが乗ったとき、なんと不具合が起きて照明がついてしまいました。

私たちの乗り物は最後まで走り抜けましたが、違うライドに乗っていた人たちは降りて歩いて戻ったようです。

 

故障とはいえこんなチャンスあんまりないので写真撮りまくりました(笑)

 

照明がついていないスペースマウンテンの中はこんな感じです。

 

その後見たアプリでも「Temporarily Closed(一時停止)」の案内が出てました。

 

カリフォルニアのディズニーランドのスペースマウンテンもよく故障が起きますが、古いから仕方がないのでしょうね・・・。

 

というわけで、絶対にスペースマウンテンに乗りたいという人にはパークの開園と同時に乗ることをオススメします。(故障したらいつ乗れるか分からないので・・・)

 

 

トロン・ライトサイクル・ラン(TRON Lightcycle Run) *建設中

上海ディズニーランド開園と同時に2016年オープンした「トロン」の乗り物が2021年にマジックキングダムにもオープンします。

 

出典 The Walt Disney Company

 

現在まだ建設中ですが、バイク型の乗り物「ライトサイクル」に乗ってトロンの世界を体験できるのももうすぐです!

 

 

 

メインストリートUSA(Main Street, U.S.A.)

エキストラ・マジックアワーで利用できるトゥモローランドとファンタジーランドの後はメインストリートUSAに戻ります。

 

ディズニーランドのメインストリートUSAは1900年代初頭のアメリカの小さな町をモチーフとしたエリアで、ショップやレストランが充実しています。

 

スターバックス(Starbucks)

メインストリートUSAにはスタバもありますよ!

一見スタバとは分からないくらい周りの雰囲気に溶け込んでいますが、中は確かにスタバです。

 

 

 

フロンティアランド(Frontierland)

フロンティアランドはアメリカ開拓時代がモチーフで、「ビッグサンダー・マウンテン」や「スプラッシュ・マウンテン」などのアトラクションがあります。東京ディズニーランドのウエスタンランドにあたるエリアです。

 

ビッグサンダー・マウンテン(Big Thunder Mountain)

ビッグサンダー・マウンテンは東京ディズニーランドにもありますね。

ゴールドラッシュに湧いたカリフォルニア州の岩山を設定上のモチーフとして、ゴールドラッシュが過ぎた1880年代の廃鉱を暴走する鉱山列車に乗車するストーリーとなっています。

 

すごくスピードが早いというわけではないですが安定の楽しさです。

待ち時間は常に1〜2時間なのでファーストパスの取得をオススメします。

 

 

スプラッシュ・マウンテン(Splash Mountain)

こちらも東京ディズニーランドにある急流下り型のアトラクションです。

ところが私たちが訪れた1月はメンテナンス中。

 

水のなくなった状態の写真だけお楽しみください・・・。

 

 

トム ソーヤ島(Tom Sawyer Island)

トム ソーヤ島は陸路では行くことができず、専用のイカダに乗ってのみ行くことができます。

 

ビッグサンダー・マウンテンのすぐ前からイカダが出ています。

 

島に着いたら散策開始です。

島は意外にも広く、お子さんは秘密基地の探検といった感じで楽しいかと思います。

 

 

 

 

アドベンチャーランド(Adventureland)

アドベンチャーランドは冒険を舞台にしたテーマランドで、「ジャングルクルーズ」などのアトラクションがあるメインエリアと「カリブの海賊」を中心にした「カリビアンプラザ」から成り立っています。

カリブの海賊(Pirates of the Caribbean)

こちらはおなじみカリブの海賊。前半に1回降下する以外は普通に海賊の世界を見学するだけです。

2006年に映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズにちなんだ改装が行われ、「キャプテン・ジャック・スパロウ」や「キャプテン・ヘクター・バルボッサ」等も登場します。

 

混むことはないかと思いきや、意外にも常に1時間待ち以上となっていました。

 

 

ジャングルクルーズ(Jungle Cruise)

こちらもおなじみジャングルクルーズ。

ジャングルの中を動物(偽物)を見ながらボートで進むというものですが、これまたなぜか常に1時間待ちでした。

 

 

アロハ島(Aloha Isle)

私たちが訪れたのは1月だったのですが、気温が20度を超えていて暑かったのでアロハ島でパイナップル・ソフトクリームを注文。

程よい甘みと酸味が絶妙でとっても美味しかったです。

暑い日に是非!

 

 

リバティースクウェア(Liberty Square)

ホーンテッドマンション(haunted Mansion)

こちらは乗り物型のお化け屋敷アトラクション。

全く怖くはないですが、仕掛けが色々と凝っていてなかなか楽しく、こちらもとても人気。待ち時間はだいたい1時間〜1時間半ほどでした。

 

リバティースクウェア・リバーボート(Liberty Square Riverboat)

リバティースクウェアからはリバティーベル船が出航していて、だいたい15〜20分かけてトム ソーヤ島、ビッグサンダー・マウンテン、ホーンテッド・マンションを眺めて帰ってきます。

 

入り口はこちら。

 

船内はとても広いですが、席は限られています。

とはいえそんなに乗っている時間はそんなに長くないので、外のデッキで立って景色を楽しむことをオススメします。

 

陸からは見ることができない。ビッグサンダーマウンテンの裏側も見ることができますよ。

 

 

コロンビア・ハーバーハウス(Columbia Harbour House)

ここリバティースクウェアにある「コロンビア・ハーバーハウス」で私たちはランチをとることに。

 

モバイルオーダーしたのであとは「Mobile Order Pickup」というところで注文を受け取ります。

店内はなかなか広く、2階席もありました。

 

ハーバーサラダwithチキン $11.99

トリオ・プラター $13.99

(エビフライ・フィッシュフライ、チキンナゲット、フライドポテトのコンボ)

カウンターサービスなので値段が比較的リーズナブルでした。

 

 

スポンサーリンク

マジックキングダム まとめ

マジックキングダムはやはりディズニーの中でも不動の人気です。

子供も乗れるライドがとても多く、特に家族連れで賑わっていました。

 

どのアトラクションも大変混んでいましたが、その中でも「七人のこびとのマイントレイン」が一番混みます。(ひどい時は3時間待ち)

「ディズニーといえば!」なビッグサンダーマウンテン、スペースマウンテン、スプラッシュマウンテンもとても混むのでファーストパスを上手に利用して楽しみましょう。