スポンサーリンク

コロナでハワイ旅行キャンセル!アメリカン航空の有料席をキャンセル後、払い戻しする方法

この記事は約4分で読めます。

我が家は旅行の計画を1年くらい前から立てることが多いのですが、今年の10月にはハワイ旅行を計画していたんですよ。

チケットをとったのは2019年の11月。

マイルで購入し、有料の座席も購入済みでした。

 

ところが2020年3月よりアメリカでコロナが猛威をふるいはじめ、さすがに10月には収束しているだろうという楽観的希望もむなしく、コロナウィルスは衰えるどころかどんどん感染拡大しています・・・。

 

ハワイでは現在到着してから14日間の自己隔離を義務付けているそうで、10月以降も続く可能性もあります。

ハワイ州では9月30日まで州外からのすべての到着者とオアフ島以外の離島到着時に14日間の自己隔離を義務付けている。10月1日以降は陰性証明により隔離免除となる事前検査プログラムが開始される予定だが、ハワイ州や米本土の状況次第ではさらに開始時期が延期となる可能性もある。
引用「https://www.hawaiiantowns.com

 

せっかくハワイに行ったのに14日間も自己隔離って何のために行ったんだか分からないし、コロナに罹患する可能性だってあるわけで、今回は仕方なくキャンセルすることにしました。

 

 

スポンサーリンク

コロナ禍でアメリカン航空の特典航空券のキャンセル料免除

本来は特典航空券を変更・キャンセルする際は手数料がかかりますが、コロナ特別措置で2020年12月31日までの旅行については免除されます。

出典『aa.com』

 

とはいえ不安だったので、一応電話でキャンセル料がかかるのかアメリカン航空に電話で問い合わせました。

 

「キャンセル料なしでキャンセル可能ですよ」と言われたので、安心してオンラインでキャンセルし、マイルは全額返ってきました。

 

とはいっても片道分は翌日には返ってきたんですが、もう片道分は1週間たっても返って来なかったので、アメリカン航空に電話して問い合わせました。

 

するとすぐにマイル変換の手続きをしてくれて、翌日にはその分のマイルも無事返ってきました。

 

オリジナルのフライトに変更があった場合は、自動でマイル返還されないようなので、その場合は電話した方がいいようです。

 

アメリカン航空の有料席をキャンセルする方法

ここで心配だったのは支払い済みの有料座席。

本来はキャンセル不可で、特典航空券のキャンセルの件で電話で問い合わせたときも「払い戻しはできません」と言われたんです。

でも払い戻しの保証はないけど、申請はできると言われたのでオンラインで申請しました。

 

出典「https://prefunds.aa.com/refunds/」

ここでチケット番号(Ticket Number)と搭乗者の苗字を入力するだけでOK。

 

2人分払った場合は、2回に分けて別々に申請しましょう。

 

ここでいうチケット番号は、予約の際にEメールで送られてくるレシートに記載のある「ドキュメント番号(Document Number)」にあたります。

 

「Submit」をクリックするとこんな画面になります。

「Pending Review」というステータスになり、あとは結果を待つだけです。

 

 

ここでどれくらい「Pending」のまま待つことになるのかと思って調べたら、1ヶ月以上も待ったという人がたくさんネット上で不満を口にしていてびっくり。

 

「こりゃ長丁場になりそうだ・・・」と半分諦めモードでいると

 

なんと2日後にクレジットカードに払い戻しが確認できました。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ハワイに行けなくなったことは非常に残念ですが、ありがたいことにマイルもお金も全く無駄にすることなくキャンセルすることができました。

しかも予想に反してとても対応が早かったです。

 

早くコロナが収束して、いつかハワイに行けますように・・・。

 

↘️ブログランキングに参加しています↙️

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

マイル・ホテルポイント
スポンサーリンク
Pomをフォローする
スポンサーリンク
在米DINKsの気ままな暮らし