【ホテルレビュー】ヨコハマ・グランド・インターコンチネンタル

この記事は約14分で読めます。

横浜のみなとみらいにあるIHGの高級ホテル『ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル』に宿泊した時のレビューです。

この変わった外観のホテルは海に浮かぶヨットの白い帆をイメージしているそう。

遠くからでも目立ちます。

このホテルに泊まってみたくて横浜まで出向いたといっても過言ではなく、私たち夫婦にとっての初インターコンチネンタルホテルでの宿泊となりました。

辛口コメントも交えて、良かった点・悪かった点等つらつらと綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

 アクセス

 

ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル』の最寄駅はみなとみらい線のみなとみらい駅。

このエスカレーターでクイーンズスクエア(Queen’s Square)の2階へ上がり、「インターコンチネンタルはこっちだよ!」というサインを頼りにてくてく歩くとパシフィコ横浜に到着。

ここまで来たら右手にもうホテルが見えます。

 

 

大きなスーツケースとバックパックを運びながらの移動だったので徒歩7、8分はかかってしまいましたが、荷物なしだと確かに徒歩5分ほどですみそうです。

信号もないし、移動はしやすかったです。

 

ホテル内

ロビー

まずホテル内に入ると素敵なフラワーアレンジメントが出迎えてくれます。

春らしくていいですね〜。

翌日はちょうど卒業式シーズンだったため袴姿の娘さんたちで大混雑してました。

そのまま奥へ進むとフロントがあるのですが、私たちが到着したのが夕方だったため、チェックインの行列ができていました。

でも私はIHG リワーズクラブ会員として専用レーンでチェックイン・チェックアウトできるので、そちらに並ぶことにしました。

 

1組しか先着がいなかったため待たなくても済むかと思ったのですが、これが大誤算でした。

フロントのスタッフがその1組(多分アメリカ人)の「部屋を変えろ」という要求にかなり手こずっている様子で、結果20分近く待たされました・・・。

普通レーンはスタッフ3人で対応していたためどんどん列は進んでいっていたので、そちらに並んだ方が間違いなく早かったと思います。

ここで残念に思ったのが、スタッフが気を利かせて別のフロントで対応してくれなかったこと。

長旅で疲れた後にフロントで20分待たされるのは結構辛かったです。

 

チェックイン自体は早く、アンバサダー特典であるアップグレードも問題なくしてくれて満足です。

荷物も頼めば運んでくれますよ。

 

ちなみに通常はチェックイン時にドリンクチケットか600ポイントか選べるようなのですが、私は聞かれることはなく、気が付いたらIHGのアカウントに600ポイントが付与されていました。

 

 

こちらはロビーの1階部分。

 

客室

ではお部屋へ向かいましょう。

広いエレベーターホールを抜けたらお部屋ももうすぐそこです。

 

 

私達はシティービューを選んだので、お部屋を開けた瞬間入ってきたのはこんな景色。

26階からのこの眺めにテンションが上がったのは言うまでもありません。

 

 

ベイビューも捨てがたかったけど、この夜景が見たくてシティービューを選んだのでした。

観覧車の夜景が見えるホテルの部屋ってあんまりないですよね?

この観覧車の電飾の色がころころ変わるので、飽きることなくずーーーっと見てました。

 

 

 

ではお部屋の中をご紹介します。

まずキングサイズのベッド。

寝心地のよいマットレスでよく眠れました。

 

 

IHG系列のホテルでは地球環境保護を目的とし、こういうカードが部屋に置かれています。

(アメリカではカードはなく、オンライン予約時に「グリーンステイ」を選択したような気がします。でもうろ覚え・・・。)

「リネンの交換してほしい人だけこのカードをベッドの上に置いておいてね。そうでない場合はベッドシーツ交換しませーん」というものです。

 

ホテルとしては水道代・電気代の経費削減のためだとは思うのですが、結果として地球環境保護に役立つのであればと、私たちはいつもこの取り組みに参加させてもらってます。

2、3泊であれば同じベッドシーツで寝ても気になりませんので。

 

 

サイドテーブルのひとつに時計があり、そこにスマホの充電ケーブルが2つ差し込めます。

欲を言えば両方のサイドテーブルに欲しかったところですが、これでも十分事足りました。

コンセントは両側ともにあります。

 

ベッドと向き合う形でデスクが配置され、電話の横には無料のミネラルウォーターもあります。

 

 

下の引き出しの中に金庫があります。

この写真では見辛いですが、金庫の中にもコンセントの差込口があり、タブレットくらいまでの大きさなら電子機器を充電しながら保管できるようです。

 

続いてミニバーエリア。

 

我が家はお茶しか飲まないのですが、ティーバッグがリプトンなのが微妙な感じ・・・。

もう少し良いものをおいて頂けないでしょうか・・・。

 

冷蔵庫の中はもちろん有料。
請求額が恐ろしいので一切手をつけませんでした。

クローゼットの中はこんな感じ。アメリカのホテルはスリッパのないところが多いのですが、スリッパはあると何気に助かるんですよね。ずっと靴を履いたままでいるのも落ち着かないし、かといって素足で歩くのも抵抗がありますし。

(うちの夫なんて平気で素足で歩いてますが、いくら掃除しててもカーペットは汚いと思うの・・・)

 

 

そして最後はクローゼットの向かい側に位置するバスルーム。

 

日本のバスルームはもうウォシュレットがスタンダードなんでしょうか。

(駅のトイレでもそうなっているところが多いですしね)

私ウォシュレットは使わないのですが、便座が暖かいのとボタンで水が流せるこのシステムは最高だと思います。

アメリカでも日本のトイレが普及しないかなぁ・・・。

 

 

 

 

 

バスタブとシャワーは別々になっていませんが、アメリカのホテルに比べるとバスタブは深めです。

がっつり浸からせていただきました。

 

アメニティがこちら。

ハンドタオルは1枚すでに使用してしまったため写っていませんが、本当は2枚用意されていますよ。(ホテルの名誉のため念の為。)

歯ブラシセット、シャワーキャップ、カミソリなど最低限のものは揃っています。

バスソルトもありました。

 

 

シャンプーや石鹸等はAgraria(アグラリア)というブランドのもの。

私は知らなかったんですが、アメリカの高級フレグランス・ブランドで天然の植物成分を使用した商品を扱っているんだとか。柑橘系の良い香りです。

 

 

ヘアドライヤーはパナソニックのもの。

まぁ普通のドライヤーです。

 

ジム

では夫が利用したホテル4階にあるジムにいってみましょう。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルにはジム・プール・サウナがありますが、ジムだけが無料でプールとサウナは有料です。

施設宿泊者特別料金含まれるもの
全ての施設¥5,400プール、ジム、サウナ、シャワー、ロッカーの利用
トレーニングシューズ、ウェア、水着、タオルの無料レンタル有り
プールのみ¥3,240プール、シャワー、ロッカーの利用
水着、タオルの無料レンタル有り
サウナ¥2,160ジム、サウナ、シャワー、ロッカーの利用
トレーニングシューズ、ウェア、タオルの無料レンタル有り
ジムのみ無料ジムのみの利用

これが入り口。

 

ジムの受付。

 

 

 

 

ウェイトマシンやランニングマシン等、一般的なジムで見かけるマシンは一通り揃っているようで夫も大満足でした。

しかしこのホテルのジム、時間に少し問題が。

 

24時間利用は可能なのですが、夜間に利用の際はフロントにわざわざ連絡しないといけないんです。

これが結構面倒くさい。

いつでも出入り自由にしてくれると助かるのですが・・・。

月曜~土曜 8:00~22:00 (最終入館 21:00) 夜間(ジムのみ)22:00~8:00
日曜・祝日 8:00~20:00(最終入館 19:00) 夜間(ジムのみ)20:00~8:00
翌日も休日の場合 8:00~22:00 (最終入館 21:00) 夜間 (ジムのみ)22:00~8:00

 

バー・レストラン

アンバサダー会員特典の一つであるレストラン、またはバーで使える20USドル相当の飲食券。

 

どこで使おうか迷いましたが、ホテル最上階にあるバーで夜景を見ながら少しカクテルでも飲もうかと思って「ビューラウンジ -31st」へ夜6時頃に行ったんですよ。

出店 intercontinental grand yokohama

 

そしたらなんとその日は終日貸切!

前日にフロントでチェックイン時に「どこで使えますか?」と聞き、このバーも選択肢に入っていたから行ったのにまさか入れず・・・。

 

仕方がないのでもう一つのバー、「マリンブルー」へ行くことに。

 

ここは2階にあるフロントの真横にあり、高層階ではないものの海の景色が楽しめるようになっています。

にも関わらず、私たちが案内された席は「窓際」と言いながらもほとんど海の景色なんて見えない場所

それではここで飲む意味がないので、もう少し景色のいい席に変えてもらいました。

 

ここで2,000円分の飲食チケットを利用させてもらい、あとはお部屋で夜景を楽しもうとお部屋の戻りました。

ちなみにドリンクと共に出された、スナック・お通し?(柿の種とナッツ)には600円チャージされてました。

 

 

「オーシャンテラス」での朝食

『ヨコハマ グランド インターコンチネンタル』は「オーシャンテラス」での朝食ビュッフェが人気のようだったので、お部屋の予約時に追加料金を払って朝食付きにしてもらいました。

 

朝食ビュッフェのお値段は一人3,500円(小人5~12歳 1,600円)ですが、お部屋の予約に追加する場合は若干安かった(2人で約5,000円程度?)と思います。

朝6時半から10時まで営業しています。

 

こちらでの朝食はサービスも良く非常においしかったので大満足でした。

 

チェックインの際にこんなチケットを人数分もらえるので、これを持ってレストランへ行くと席へ案内してくれます。

入り口付近はこんな飾り付け。

コカコーラを全面にアピールしてます(笑)

 

店内は広くゆったり朝食を頂けます。

ここではかなり多くの外国人(特に西洋人)を見かけました。朝からスーツ姿で英字新聞を読みながら食べているビジネスマンや、時間がないからとパンとコーヒーをテイクアウトしている人もいましたよ。

オーシャンビューでありながら、日によってはこんな風にブラインドが下りているのであまり景色は楽しめませんが、それでも明るく開放感のある店内で雰囲気はいいと思いました。

では肝心のお料理に行ってみましょう。

スモークサーモン・生ハム・チーズのコーナー

 

ワッフル・パンケーキ・フレンチトーストのコーナー

 

この「エッグステーション」ではオムレツや目玉焼きを目の前で調理してくれます。

夫いわくオムレツが非常に美味しかったそうです。

ソーセージ、ベーコン、ハム、スクランブルエッグのコーナー

 

 

シリアルコーナー

 

サラダバー

 

ベーカリーコーナー

 

フルーツコーナー(新鮮なフルーツより缶詰が多め))

 

ヨーグルトコーナー

 

フレッシュジュースコーナー

 

私の大好きな焼き魚コーナー

 

豆腐コーナー(生姜、青ネギ、お出汁もあり)

 

中華粥コーナー

 

和食コーナー(味噌汁やご飯もありました)

アメリカに住んでいるとこういう和な朝食はまず食べられないので、ここぞとばかりにたらふく頂きました。

個人的には中国粥・塩サバ・豆腐がお気に入りで3回くらいお代わりしてしまいましたよ。

 

コーヒーやお茶は給仕してくれます。

1日目は何度もおかわりはいるかと聞きに来てくれましたが、2日目はこちらから言うまで誰もお代わりを注ぎに来てくれなかったので、サービスに若干ムラがあるかもです・・・。

 

とはいえ一貫してスタッフの方の感じは良く、お味も全て美味しかったし、追加料金を払っても朝食付きにして良かったと思いました。

 

スポンサーリンク

お部屋の値段

ヨコハマ グランド インターコンチネンタルはポイント宿泊には1泊55,000ポイント必要です。

 

私が予約した日のレートは一番安いスーペリア・キング・ダブル シティビューで朝食を付けて以下の通り。

1泊目 20,045円(USD $180.92
2泊目   17,605円(USD $158.90) 

これだと1ポイントあたりの価値がかなり低くなるので、55,000ポイントで支払うより現金(クレジットカード)払いの方がお得と判断し、IHGクレジットカードで支払いました。

 

 

 

 

このホテル予約時に『TopCashBack』でIHGのキャッシュバックをクリックするのを忘れずに!

私が予約した時は8%でしたが、2019年4月2日現在は10%になっているのでお得です。

 

 

私がホテル予約をしたのは2018年7月で、実際宿泊したのは2019年3月です。

キャッシュバックが反映されるのは宿泊後ですが、私の場合は今回は1週間ほどでConfirmされました。

↘️ブログランキングに参加しています↙️

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

【日本】横浜・東京
スポンサーリンク
Pomをフォローする
スポンサーリンク
在米DINKsの気ままな暮らし